HO 鉄道模型欧米型 電気機関車

Ce 68II Krokodil SBB, Deutsches Krokodil Br. Rh 1020 der ÖBB, Be 68 III ‘Crocodile’, Re 66 11609, SBB CFF SERIE Ae 4/7, ÖBB 1010, NS 1100 Elok blauw, DRG BR E 91 20 OVP, BR 218 DR, De 44 der SBB, ÖBB 1161, SOB 476, E-Lok BR E-52

El-lok Ce 68II Krokodil SBB

Ce 6 / 8II(後に部分的にBe 6 / 8II)はSBBの電気機関車であり, 主に貨物列車を牽引する目的でGotthard鉄道で使用され, 1980年代まで運転されていた.  1919年から建造された機関車46のうち7台が保存されている.  Ce 6 / 8II は、少し遅れて開発されたCe 6 / 8IIIと類似のデザインで, クロコダイルの名前でスイスの国境を越えて知られている.

E-Lok Deutsches Krokodil Br. Rh 1020 der ÖBB

Trix H0 – 22584 – Swiss Federal Railways Be 68 III ‘Crocodile’ Electric Engine

E-Lok Re 66 11609

SBB Re 6/6 - Wikipedia

から抄録

Re6 / 6は, GotthardのAe6 / 6の代わりに購入されたスイス連邦鉄道 (SBB)の6軸電気機関車である.牽引のために6つの駆動軸が必要になりました。 摩耗の少ない良好なコーナリング特性を達成するために、Ae 6/6とは対照的に、3つの二軸ボギーが設置され、中間部は側方に大きく移動できるようになっています。

LILIPUT 47 50 SBB CFF SERIE Ae 4/7 E-LOK ELECTRIC LOCO 10952 Ep II

スイス連邦鉄道のAe4/7 クラスはスイス鉄道の代表的な電気機関車です. 1927を最初に127両が重量級特急を何年にも渡って牽引してきました. ナンバーは10901から11027です. 晩年に至るまで貨車用の電気機関車として重宝されました. 電気機関車で上手くコンロッドドライブを働かせてブッフリ機構を動作させているのが特徴です. 今日においても博物館保存用の機種が通常列車を牽引しているのを見ることができます.

私の輸入電気コレクションの中にはED54というのがまだなく, 目下探しています. ED54はデッキ付きですがこの車両のようにはボンネットがなくそれ以外の形態は類似性が見られます. スイスロコモーティブ社とブラウンボバリーの合作という共通性のためと思われます. 左右の側面の形態に明らかな違いがあるのが特徴です. パンタグラフが上がっていませんが, どうしたら上がるのか分からずあきらめて撮影しました.

ÖBB 1010

ÖBB1010 - ウィキペディア

より抄録

ÖBB1010はもともと、 オーストリア連邦鉄道の 高速列車 機関車の電気機関車シリーズとして設計された。機関車は数十年にわたってÖBBの電車運転の重要な柱でした。最初の機械の納入は1955年に行われた。1955年から1956年の間に、ÖBBは20台の機関車を受け取り、最初は急行列車で使用された。機関車は受け入れられた後、 ÖBBの最も速い電気機関車の1つだったので、非常に広範囲の応用分野で使用された。例えば、彼らはウェストバーンで急行列車を運び、 南鉄道とセムリング鉄道も走っていま。2000年には、ÖBBにはまだ18の機関車があった。機関車はザルツブルクとリンツに最後に設置された。2003年に最後の機関車は1110年と1110,500台のものと同様、ÖBBの近代化プログラムの一環として廃止された。最後の代表者、1010,003および1010,010は、2003年12月1日に引退しましたが、クラブ " Club 1018 "のノスタルジア・サービスで中断することなく、まだ活動しています。

Rivarossi 45 H0 NS 1100 Elok blauw

NS 1100(電気機関車) - ウィキペディア

より抄録

NS機関車シリーズ1100は、 1950年から1999年の間にオランダ鉄道によって使用された電気機関車である。第二次世界大戦後の数年間で、ひどく損壊した鉄道会社は再建され、その後大幅に電化されました。  30年ぶりに西側と中部の線路に入った後、 1948年以降、他の線路が発達した。旅客サービスのための合理化設備の購入に加えて、電気機関車も今や大規模に購入された。

Roco 43427 H0 Elektrolok der DRG BR E 91 20 OVP

DRGクラスE 91 - ウィキペディア

より抄録

1922年には、電気機関車の調達計画の一環として、 Deutsche Reichsbahn(ドイツ国営鉄道: 東ドイツ)が最初に30台の重貨物列車の電気機関車を山岳鉄道サービスのC + C 車輪配置に配置しました。彼らは1925年と1926年にKrauss 社(機械的要素)とWASSEG社(電気設備)によって納入された。バイエルン鉄道網には16台が割り当てられた。彼らは、 バイエルングループの管理によってEG 5 22 501 - 516と命名されました。 他の14台のマシンは、シレジアのネットワークにEG 581 BreslauからEG 594 Breslauに配備されまし 1927年から、 E 91 01 - 16E 91 81 - 94の操作番号が与えられました。1927年にはさらに4つの機関車がバイエルンの運転番号で発注されたが、新しい番号E 91 17 - 20で納入された

Roco 43662 E-Lok BR 218 DR

DR-Baureihe E 18 – Wikipedia

より抄録

DRG クラス E 18 (後DB クラス 118 (1968 年) から、DRクラス 218 (1970 年)) の電気機関車はドイツ Reichsbahn (DR) の電気機関車が最速の中にあり 150 km/h の最高速度に達した。これを抜くものは180km/h を出したDRG クラス E 19という姉妹機関車のみである.  1935 年から1984 まで旅客用に使用された.

Roco 63615 E-Lok BR 144 DB Ep4 blau-beige

DRシリーズE 44 - Wikipedia

電気 機関車E44シリーズは、ドイツ鉄道網の最初の電気機関車で、100部以上の調達品で調達されました。 E 44は、電動車の開発における画期的な出来事であり、 フォアグラウンドアクスルとロッドドライブの大型ライン機関車では初めてであり、 Tatzlagerドライブの長年の成功も確立されました。普遍的な機関車として設計された機関車は、1930年代から80年代にかけて南部および中部ドイツの電化ネットワークで非常に堅牢で信頼性が高く、鉄道交通を形成しています。

Roco H0 63538 Elektrischer Gepäck-Triebwagen De 44 der SBB Neu

Roco Platinum ÖBB 1161 električna manevarka

SOB 476 Elektrolok Lokoop AG BRAWA 0205

Trix 22008 EP 5 E-Lok BR E-52

HO 鉄道模型欧米型 蒸気機関車へ

戻る