ED 級輸入電気機関車 (その 3) 上信デキ1, E43, ED22, ED26, ED28, E12 (E11, ED33)

ED 級輸入電気機関車 (その 3)

上信デキ1E43, ED22, ED26, ED28, E12 (E11, ED33) NEW                  

上信電気デキ1

Wiki によると1924 年 (大正 13 年), 上信線が改軌・電化した際に,  ドイツのシーメンスシュケルト社から購入した 3両 (デキ1・デキ2・デキ3) があり, 小型の凸型電気機関車であり, 機械 (車体) 部分の製造者はM.A.N社. 価格は当時の金額で 36,990 円. 1986 年 (昭和 61 年) にはエバーグリーン賞  (鉄道友の会)を受賞. 鉄道ファンの間では「上州のシーラカンス」の異名をとる. この模型はワールド工芸のキットから.

同社製造の EB 級はこちらです  三井三池 20t

E43

青梅電気鉄道が1930年にイングリッシュ エレクトリック社から輸入した総勢4両である. 1944 年国鉄に買収され 1010 とか, ED36 などに改称. ディッカー機の兄弟分で 鉄道省輸入機の ED17 より一回り小ぶりである. ED51と同じように側面が左右で異なります.

未塗装では幽霊電機の様で, 何年かぶりで塗装を実行. 2018.9.17 下回りはトビカトップガード. 屋根はガイアノーツのアイボリー.

なぜか解放テコがなく,付け忘れであった.

ボディーはガイアノーツのクリアレッド+クリアピンク+イエローをスプレーした. どちらかというと赤が勝って少し派手になった. 塗装の手技は相変わらず下手で光沢面が上手く作れずに表層に泡や垂れが見える.

ED22 (アルモデル製作記)

ED22 はフクシマ模型のキットが有名ですが, 入手していません. ED22 は総勢 3 輛の私鉄への導入, その後鉄道省が買い上げた際に ED22 と命名され, 鉄道省輸入という定義には入りません. アメリカのウェスティングハウス・エレクトリック(Westinghouse/WH・電気部分)とボールドウィン(Baldwin・機械部分)の製造で ED10, ED19 などと同じです. 1926 年完成, 翌年の輸入のようです. さて, 銀座天賞堂には上京した際に時々立ち寄ります. 高価なものは買いません, エバーグリーンショップ (中古) が目的ですが HO の中古入荷は減少しています. エバーグリーンをあきらめて下に降りるとアルモデル, ウエスチングハウス風 BBトータルキットがさりげなく置かれていました. エッチングの真鍮板から組み上げるワールド工芸と同様な構成になっています. 部品が全てそろっているのは便利で, 早速購入し組んでみました. 「風」なのですが, 私の頭の中では ED22 を製作していると勘違いしています. 部品を正しく折りたたむのに多少戸惑うことがあります. 直角を出すために半田付けをする順番を間違えてはいけない部分がありますが見事に間違えます. パワートラックを取り付けるときにモーターを一旦取り外すのがやっかいです. 1mm の取り付けネジがあり, なくしそう. ボンネットは手で曲げて弯曲を成形するのですがその部分はエッチングで筋が入っていて柔らかくなっていました. 屋根にも筋が入れてあって弯曲が付けやすくなっています. まずはここまでです. 輪芯と言われる部品が不足して, 送付待ち+休憩です.

珊瑚製の蒸気用ブレーキ装置を改造して台車に付けました. 下の写真で帯板を工夫して台車ボルスターに渡して固定しているのがわかります. 実はボディーのリベットを表現するのに裏からポンチで打ち出すという作業を要するのですが, うまくいきません. かなり練習ししかもポンチは先が尖ったものを準備するべきでした. また, 叩くときに材料の下に敷く適切なものの紹介が説明書に欲しいと感じました.

輪芯も到着し上の状態からブラスブラックで黒染めしましたがこのホワイトメタルらしきものはほとんど染まらず, 引き続きブラックバチーナにも付けてみましたが元の黒染めがかえって剥がれてしまいどうしようも無い状態に. 結局あきらめてシャーシ以外はホワイトメタル部分含めてトビカトップガードで塗装. 車輪を十分にマスキングできずに汚れてしまいました.

シャーシはブラスブラックでの黒染めで古色を出したつもりがむらがひどい. 天賞堂で折角ブラスクリーンを手に入れたのに黒染めはまたしてもうまくいきませんでした.

解放テコ受けは帯板をひねったいい加減な工作です.

GX メタリックパープルで塗装後クリアを吹きました. 側面リベット表現ではポンチの使い方と下に置くものを工夫する技術力不足でした.

点灯は未施工で間が抜けて見えます. よく見るとボディーとシャーシの間に隙間があって, 撮影時の組み立てが上手くできていませんでした. 後に修正.

左右非対称のボンネットが特徴. 進行方向の左に寄っているのが ED22 であり, 右に寄っているのはもうひと回り太った ED33 です.

帯板を渡して蒸気用のブレーキ装置を固定した.

微妙な塗装むらがある. これが ED22 と仮定して車両の由来を沖田さんの機関車表から引用. 形式=ED22 番号=ED221~ED223 製造所 車 体 = Baldwin(ボールドウイン) 電装品=Westinghouse(ウエスチングハウス) 製造年 1926年 軸配 BB 重量 28.57t 定格出力時 264Kw 電動機形式 MT33×4(556J-F6) 歯車比 16:73=1:4.56 制御方式 非重連・二段組合 台車形式 棒台枠イコライザー式 車輪径 860㎜ 前所有 信濃鉄道 形式番号 1~3 記事使用線区=大糸線→飯田線 掲載誌 SRC会報

これは名鉄デキ379 です. 国産 ED 級にあります. デキ379 日本車輌名古屋工場=51/=三菱電機? 1929-03-21 E24.8tBB(1067) 車歴;1929-03-21製造→納入;愛知電気鉄道(愛知県);379→ 1936-12-00合併;名古屋鉄道(愛知県);デキ379→2007-07-01廃車 デキ371 Baldwin = / = Westinghouse 1925-01-00 E24.8t BB(1067) 車歴;1925-01-00製造→納入;愛知電鉄(愛知県);371→ 1936-12-00合併;名古屋鉄道(愛知県);デキ371→ 戦後借入;豊橋鉄道(愛知県);デキ371(名古屋鉄道時代なら転属)→返却→ 1968年廃車 名鉄デキ 370 は最初の 1 両はBaldwin=/= Westinghouse 社製で 379 は copy ですが 上の ED22 とは重量が異なるのです. ふしぎですね, 導入時期は同じようにみえるのですが. 設計が異なるのでしょうか.

この製品についてきた小型モーターを初め種々パワートラックは PWM コントローラーでは大きな音を発するのが玉に瑕. なかなか思うとおりにいきません.

弘南鉄道では ED22 と ED33 がキ100 を押して除雪作業に活躍しているようです. キ100 が手に入ったので早速 ED22 に押させてみました. 実車が除雪する様子のビデオは迫力があって感動ものです.

E12 (ED33)へ

ED26

鉄道模型を再開して最初に挑戦したバラキットが Hobby Model 社製の ED26 です.  部品点数は少なく, 甘く見て手こずった記憶があります. いろいろな場所でハンダがはみ出し, 隙間も空いています. 動力はパワートラックで, 台車を組むときにハンダで固定するのですが微妙に車軸に抵抗がかかってしまいます. 車軸を切断すれば良いのかも. ないしは車軸の孔をもっと大きくすれば良かったのかも知れません. ちなみに私の PWM 制御では天賞堂のパワートラックは大きな振動音を出すのが悩みです. 最近これが輸入電機であることに気づき, 国産電機の部門から輸入電機に移動させました. Wiki によると, 富岩鉄道ロコ 2 形電気機関車 (ふがんてつどう) は、富岩鉄道 (現在の富山地方鉄道富山港線) が, 1940 年 (昭和 15 年) に導入した直流用電気機関車である. 1924 年 (大正13年) にアメリカのボールドウィン (機械部分)・ウェスティングハウス・エレクトリック(電気部分)で 1 両が製造され, 1940 年 (昭和15 年) 4 月に日本鉄道自動車工業 (日鉄自) で改造された凸型機関車であるとされているが,  外観は全くの日鉄自スタイルで, ウェスティングハウス社製 (例:信濃鉄道 1 形電気機関車) の印象は全く感じられない. このあたりの経緯については, 輸入した部品を使用したためとも, 日鉄自で大改造を行なったためともいわれるが, 詳細は不明である. と書かれてあった. 信濃鉄道 1 形電気機関車は ED22 のことで, すぐ前の ED22 と比較すると同じ凸電機ではあっても似ても似つかない. シャーシとbody の間には微妙な隙間があり, ベーク板上で水平を出しながら正確な工作をするべきでした.

塗装終了後, やはり点灯まで手が回らず一休みです. この色では細部が飛んでしまうので. すみ入れが必要なようです.

ED28 (アオバモデルキット)

この電気機関車はあまりかっこよくないと考えていたが, 模型にするとそんな考えは変わる. むしろ非常にユニークでかわいい. アニメ系の中古グッズ屋さんにこれが欲しいなあと思って出かけたら本当にあった. 中古のキットでも高価であったが, かといってヤフオクにもそう出るものではない.

この製品はボディーがロストパーツから出来ており, 通常のエッチング板をハンダで組むというものではない. ボンネットも肉厚のロスト部品であるがそこに1.4mm のタップを立てるのにうっかり下穴にドリルをせずに無理矢理タップを立てたらタップが折れてしまった. 新たに手に入れるまで作業が進まず, さらには折れたタップの歯が孔にはまったままで困った. 仕方なくルーターで切削し歯を取り出し, 真鍮の破片とともにハンダで埋め,下穴を開け直した. 24.5mm のパワートラックは手に入らず代わりにアルパワーを使えないか, さっそくジョーシン電機でアルパワー24.5 B を購入. 結果は結構な難工事. 何しろ規格違いで, 台車に収めるのにパワートラックの一部を削り取る工作が必要なのです. もちろん固定する規格も天賞堂のものとは異なります.

アルパワーを固定する 2 mmのネジが見えますが段付きねじが必要. 上写真のように十分に台車を振った状態にできないと body と固定するネジが締められないのでバネが必要. しかもねじ部分が長すぎると下にあるモーターを押してしまい, ピニオンギヤを押しつけて走らなくなります. 気づくのに時間がかかりました. 対策はネジの切られている部分を削って短くしておくことです. 

パーツ写真の次はいきなり完成写真となってしまった. 製作にあまりに苦労するとなかなか過程の写真は撮れません.

以下は車歴. 電機50 English Electric= 1925-11-00 E25.40tBB(1067) 車歴;1925-11-00製造→納入;豊川鉄道(愛知県);電機50→1930-10-02改番;デキ50→ 1938-01-19改番;デキ51→1943-08-01買収;国鉄;デキ51→ 1952-04-01改番[達116];ED282→配置;?→1955-08-01現在;豊橋→ 1959-03-04廃車[達57];豊橋→1960-01-00譲渡;遠州鉄道(静岡県);ED282 電機51 English Electric= 1925-11-00 E25.40tBB(1067) 車歴;1925-00-00製造→納入;鳳来寺鉄道(愛知県);電機51→改番;100→ 1930-09-27改番;デキ100→1938-01-18改番;デキ50→ 合併;豊川鉄道(愛知県);デキ50→1943-08-01買収;国鉄;デキ50→ 1952-04-01改番[達116];ED281→配置;?→1953-01-01現在;豊橋→ 1956-02-01廃車[達40];豊橋→ 1956-02-00譲渡;近江鉄道(滋賀県);ED281→1956-10-27近江鉄道着→ 1963-10-00譲渡;山形交通高畠線(山形県);ED2→1974-00-00廃車→ 保存;山形県上山市山交ランド(リナワールド);ED2

E12 (E11, ED33)

武蔵野鉄道デキカ10形電気機関車は総勢が 3 輛だが後にデキカの車両記号を廃して10形11 – 13と改称された (E11-13). その一輛は弘南鉄道に移り ED33 とされました. E12 は西武保有であり, 最終的には旧保谷車両基地に静態保存された (2012年現在). 33 t 車のために ED33 が記憶しやすく私の脳裏には ED33 として焼き付いています. 模型はムサシノ製ないしは珊瑚模型のキットが選択肢です.  先日後者がヤフオクに出品され, 出品者に値段交渉をしようとメールを送付しましたが返事はなく, いざ入札しようとしたら入札不能にされていました. ヤフオクはこういう倫理観に支えられているのでしょうか.  Westinghouse Baldwin 製の凸型電機にはいろいろな重量の機種があり,すべてをそろえるのは大変です. ちなみに E12 (ED33) は異色な姿で, ボンネットが右に寄っており, ED22 と異なります. ED33 は重量は約 33t とすると ED22 よりは重いわけです. 秩父電鉄のデキ 1 は Westinghouse Baldwin 製兄弟で最も重い凸電機です. ようやく手に入ったのは 西武に渡った E12 でした. ED33 は弘南鉄道に移った E13 の最終の名称です (ここでは ED33 と通称させていただきます).

集電シューが一ヶ所外れています. 私の工作では頻繁にこのようなことが起きますがムサシノ製でもこうなのでいかに繊細な構造であるかが理解できます.

写真撮影でエアホースが上記のごとく上方ないしは側方に偏倚していることに気付きました. 後に不用意に戻そうとしたら片側折ってしまいました.

左下の車輪はフランジに当てた集電シューが上方に偏倚しており, 撮影後に直しました. 8 車輪全集電です.

駆動装置は MPギヤ系です. フライホイール搭載の有無は不明です. 車輪は黒染めされています.

ED22 と比較してみます. ED33 の方がキャビンが一回り大きく, ボンネットは小さめで, 小太りです. 全長はむしろ ED22 の方が長いです. 

下は net にあった ED33 実車の写真です. 弘南鉄道では現在でもキ100 を押してラッセル運行をしているようです.

なぜか超スロースタートができません. PWM 制御と相性が悪いようです.

デキカの説明はこちらです.

EF 級 輸入電気機関車へ

国産ED級電気機関車へ

輸入電機 ED22 へ

一番上に