KT88 single amp

KT88 single amp.

二十歳前後に挑戦した最初の管球メインアンプです. このHPの中で見て下さる方が多いのを不思議に思っています. 最近写真を増やしてみました. さて下記の製作記事では鈴蘭堂の SL-770 という高級なシャーシキットが紹介されていましたが実際に手に入ったのは全く何も穴が開いていないものでした. アルミは厚手で, ボール盤を持っておりませんでしたので手持ち電動ドリルの作業が大変でした. 厚手故にシャーシリーマもうまく使用できませんでした, やすりで削って仕上げたと記憶しています. 初歩のラジオの記事をまとめたこの1 冊は誠文堂新光社の初版です. 子供の時からこの出版社の刊行物にはお世話になりっぱなしです. 子供の科学, 天文ガイドや藤井旭さんの本も多数ありました.  昭和52年3月20日刊

上記の新刊がこれです. 蘇る真空管オーディオ・アンプ, 初歩のラジオ編集部編

2007年7月31日刊

表紙に書かれてあるようにこの本の内容は1970年代の「初歩のラジオ」に掲載されたもので, 前述の実体図集も同様な編集のようです. そしてこれを見て製作したKT88 シングルアンプとマランツ♯7のcopy  はどちらの巻にも掲載されています. 新刊には入手が難しい部品の代替などオーディオパーツ事情についても記事があります. おそらくだれもが困るのは左右音量調整に用いるボリュームではないでしょうか. そういうことには不思議に触れられていないです. 蘇るという表題は私にとっては前作を蘇らせる(レストア)という概念と重なります.

Single amp 正確には single ended amp ですがこの意味は push-pull ended に対するものです. 私のいい加減な知識では大出力ampは概して後者の設計であり, 低音が Single より十分に出ること,そしてひずみ率が低いという利点があります. ではどうして Single amp も良いのか? いろいろ書かれていますがトランスの性能が上がればsingleでも性能の良い amp が作製できるようです.  動作的に言うとA級しかできないのですがA級という言葉が聞こえがよいです. また音を出す電気回路はシンプルに越したことはないという都市伝説にもよります.

この amp は Single にしては出力があるほうで, 8W 時の特性で -3dB で 18Hz から広域 50KHz まで得られたとあります(製作記事より). アンプの特性で低域と高域で出力が低下する形をかまぼこ形だ等というのですが 皆さん実際に音を聞くときに pre amp で低域や高域を少しブーストしていませんか. 私は常時そういうことをしているのであまり特性など気になりませんが. ところでこの amp の回路ですが, 出力管は5極管の有名な KT88 です. 実は3極管の音が良いという伝説があり(伝説ではないかも知れませんが) ultra linear 接続という3極管の特性と5極管のパワーという両者の良いところを併せ持った設計です.

カラーページに配線図があります.この外観に惹かれて作製を決定しました. 本当は鈴蘭堂 SL770 が良かったのですが値段もさることながら当時手に入れられなかったのですが現在も手に入らない旨は新版の本文中にも記載あり.

私の自作では放熱用の穴開けはこのようです. 写真をクリックして拡大していただけば非常にまずい工作がわかります. ドリルの位置ずれがあります.

これはレストア前の状態で, よく見ると結線の束ね=結束はビニールひもです.当時は今のような結束タイが手に入らなかったように思いますが, 配線の美しさには全くこだわらなかったからでもあります.

Restor 後

レストア後では多少結線を整理して, キャパシター(コンデンサー)も交換可能なものは交換しました. Rubycon はSplague へ Shizuki は MKP-FC(Made in France)などへの交換です.結束タイも使用.

Splague とあるのは black beauty と呼ばれるもの?

スピーカー端子は新調し, もとのは穴が開きっぱなしです.

電源プラグを新設. 元は実は100V電源は直接ハンダ付けでした.

入出力のプラグを新装しました. スピーカーコードはバネによる圧着式からネジ止めに変更です.

GEC KT88 近影

パーツを装着した全体のバランスとして出力管の間隔が少々狭いのが気になります. 今見ると角張ったスタイルがレトロで機械美の存在感があります.

GEC社製のKT88 ですがGECのマークがほとんど剥がれてしまいました. ところで現在のヤフオクのGEC KT88の落札価格は1本6万円とのこと.

ロゴは転写で上にクリヤラッカーがスプレーされています.

音は非常に明るく元気がよいかんじです. 低音が出ていないからでしょうか. 最初に製作したpower amp であり私の耳のreference ということになります. ジーという雑音が入ることがあって, 前段管を触ったり叩くと修まります. 接触の問題なのか不思議なものです. いわゆるマイクロフォニック雑音かも知れません. 前段管こそ重要な電子部品と言えます.

最近夜景を撮影しました.

Maranz#7 control amp (copy)

戻る