Marantz#7 control amp (copy)

Marantz#7 control amp (copy)

KT88 single の次に製作したのがこれ, メモが見つかって昭和 55 年 (1980年) 夏頃の完成と判明. 私は大学生で夏休み期間でした. 人に見せられない様なまずい工作が随所にありますが, 当時総額 4 万円台の部品代であったにも関わらず, 現在でも非常に魅力的な音を聞かせてくれる私の常用機です.  元となっているアンプの人気が現在においても非常に高いことから, 回路設計が非常に優れたものであることがわかります. シャーシはアルミの板とアングル板を使った完全自作で, 一部に接着剤も使用. 上蓋もただのアルミの1枚板をビニールテープで止めたものでした. レストア時にタップを立ててネジ止めにしました. 製作後 40 年余になるのにもかかわらず前面が光っているのはレタリングの上に吹いたクリアのおかげでしょうか. さて使用された ECC83 は当時 1本 750 円と分かりました. 昔は自作の天国であったと思います.

この藤本伸一氏の製作記事も 前作の KT88 シングルアンプと同じムックにあったものです. このような複雑な工作に良くも挑んだものです.

実体配線図で配線を追ってもどこに付いているのかよくわかりません, 配線図で確認できなければ完成させることは不可能でしょう.

背面パネルは手抜き工作で, 真空管は四角い穴から触ることができますから適当にぐりぐりと動かす事でソケットの接触不良を直せます. (これは知る人が読むと馬鹿なことです. 真空管のソケットはシールドケース付きのものにしてしっかりと固定しなければいけなかったのです. おそらく当時は知識がなかったか, シールドつきの MT ソケットが手に入らなかったと推察. 実はわずかに雑音を拾っている可能性はあります. さてこのシャーシについて製作後 42 年経過して考察したことがあります. 前面パネルは実はコの字型の成形がされています. ひょっとするとchannel 材というのかも知れません. 私は表面の hair line を引いた記憶もないのでこのような材料が最初から市販されていた可能性を考えています. コの字型の角は曲げではなく90度の鋭角の成形のため前面にねじが見えない構造を作ることができています. 現在では手に入れることは困難でしょう.

 

電源部分には手を入れることができずに電源用キャパシターのレストアはあきらめました. 縦のアルミの仕切りはシールドです.

真空管はテレフンケン ECC83

coupling キャパシターの交換もしてみました.

トーンコントロール用のロータリースイッチまわりはごちゃごちゃで, よくもこのような複雑な配線ができたものだと今更感心. このロータリースイッチは大須のボントンさんで購入した中古品と記憶している.

他のプリアンプも試しましたがこの作品に愛着があるからか, これに戻ってしまいます. 聞き比べると自ずと分かります. 独特の音の良さが光るのです.

最近夜景を撮影してみましたが, 古びた感じが出てしまって失敗.

UV211 single Ampへ

戻る