国産ED級電気機関車

国産ED級電気機関車(new)

国産の ED 級新性能電気機関車は多数あるものの私はまったくコレクションしていない. それはEFでも同様. 元々輸入電気機関車とそのバリエーションのコレクションのため, なかなか手を広げる余裕がない.

ED40 (アプト式)(new), ED20, ED26, ED40(東武鉄道), ED42 (アプト式), 名鉄デキ379 (ED22国産) , 岳南 ED50, 近鉄デ52,

ED40 (アプト式)

2019.8.7 電気機関車100年という新刊 mook を手に入れました. この国産最初の電気機関車は輸入電気機関車の EC40 をまねて作製され, 誕生して100年が経過しました. 大宮で保管されている現物は 2018年に重要文化財の認定を受けたのです. その前に虫が知らせたのかこのキットを手に入れていました. 輸入電気機関車の EC40, ED42, そして垂涎であったED41 が揃うと, 引き続いて国産とは言いながら ED40 が欲しくなります.

さて作りたい虫がうごめきますが, まずは念を入れて下調べを開始. 製品不良への対応についての記述がヤフオク上にあり, 何を意味するのか確認のため製作記事の載った古いトレイン誌を手に入れた. そして購入したキットは残念ながら未対応製品と判明. まあ可動はするので我慢することに.

組み上がっているようにみえる動力部は上記の如く一旦はずします. メーカーの組み立ての誤っており, 車輪へ動力を送るジャック軸とアプトへ動力を送るジャック軸で逆の大きさのギヤがはまっています (一見わかりにくいです). このまま製作するとアプトの軸のほうが車輪より遅く回ります(アプト歯車のほうが車輪より径が小さいので逆にならなければならない). 素人では修正ができない構造で, 単なるギミックの問題で走行には差し障りない. ビデオで 正しく作動する EC40 との違いがわかります. net 上ではこのギヤを個人で入れ替えたという記述があり, そんなことができるのかと驚きます.

右端に黒く見えるクランクの素材はジュラルミンで黒染めが施されてある. これと軸の間は全くのフリーで, 固定方法についての説明はまったくなく, ほかの製作記にもまったく記載なく, とりあえず瞬間接着剤を使用したら早速失敗に気付いた. 少量塗布後に挿入を試みるのですが, 完全に挿入し終わる以前に固着してしまう. ゆっくり接着するタイプを持っていれば良かったのだが, 結局マニュキア除去液 (アセトン入り) の中に投入し, 瞬間接着剤はあきらめ, 2 液のエポキシ接着剤にした. 片側をあらかじめ接着固定後に, 対側を接着という手法をとった. 当初微妙な引っかかりで, スムーズな走行は得られず, その何とも言えないギクシャク走行と連日格闘. 抵抗を感じるところでリンクロッドの余裕がないとみて, 軸孔の拡張で改善を試みた. 広げすぎると, 異音の原因になる. ジャックロッドのみをはずして車輪を回転させ, 硬い部分を探って, わずかずつルーターで孔を拡張し, ギクシャクはある程度改善させることができた. 次に絶縁側の集電シューは裏側に絶縁シートが張られているものの, プラネジの附属がないと勘違いし. 1.7mmでタップを立て直し, エンドウのプラネジで止めた. あとで 1.4mm の透明なプラネジが入っていたのに気づいてびっくり. 車輪を駆動するクランクは車輪と同様に左右 90 度位相差が必要ですが, 最初から 90度で調製済みにしていただければこのような苦労はないのですが.

ではビデオも見て下さい. 多少ギクシャクは残っています.

以下にキットの部品写真を載せます. 精密な加工に感動します.

OLYMPUS M zuiko Digital ED60mm 1:2.8 マクロレンズを用いて部品を撮影した. これらの集大成が鉄道模型のブラスキットですが, 部品製造一つ一つの過程に多くの手がかけられていることを思います. もはや珊瑚模型無き後, このような魅力にあふれた製品はますます少なくなる可能性があります. 機関車の車体は昔からあるエッチング手法によるもので, 全体に占めるほんの一部の浮き出た窓枠や帯を表現するための手法です. 角度を変えて撮影し, どの部分がエッチングで残されているのかを示したつもりです. 窓枠のディテール表現のために内側にさらにひとつ窓枠を付けます. さて折角組立てた動力部分は黒染めをする目的で再度分解します. 実はシャーシ部分はまだ未完成で半田付けが必要な部分もまだあります.

シャーシにはアプト用の集電装置もハンダで付ける.

こうして写真を撮りますと間違っていたり工作が途中であったりがよく分かります. この写真を撮った際にも前後の梯子を取り違えて付けていたことが判明し, 手直し. この後にまだエアホースも前後 3 本づつ追加です. 気をつけて作製すれば 0.1-2 mm 単位以下の誤差に納まるか?

さて以下は下回りの黒染めと再度の組立て結果.

砂撒き管は割ピンを利用して固定した.

上面の蓋は黒染め忘れ, しかもネジを一個紛失. 以下は半完成状態. ボディーはトビカトップガード. ナンバーは一旦塗装を剥がして赤を塗り直し, 磨きだしてクリヤを吹いた. リンクロッドにも赤を入れた.

半田の残存している部位は黒染め不良で汚れになりむしろそれなりの実感が出てこのまま放置とする. さて窓硝子と点灯が未作業であるが, どうしてもここで休憩となる. 2019年11月23日 完成. モデルシダーの点灯は本当に苦労です.

完成を急いで失敗ばかり. LED は瞬間接着剤で固定しその上に赤のレジンを載せましたがいまいちでした. 前照灯はリード線を通すために硝子を一部削ったのですが上手くいかず. 極めつきは指紋などで汚れた側面をアルコールで拭ったら塗装がムラになってしまったことです. 結局一部をマスキングして側面のみトビカで再塗装したのですがナンバーの上の部分などが汚くなっています. 2019.11.23

モデルシダーの点灯セットについて

前照灯のリード線はテフロン線というエナメル線が進化したと思われる単芯の銅線で出来ていますが非常に短いのです. 途中を継ぐのは結構なこつがいるのですがすこしづつ慣れてきました. でもまだまだ課題があります. 絶縁処理をいい加減にしてしまうので収納するときにリード線を引っ張ると継いだ部分が寄ってショートしてしまうのです. いい加減な絶縁処理はテープで 2 線を挟み込んで接着するという方法で, 並列の線はお互いに近づく方向に力がかかってテープの中をスライドしてしまうらしいのです. これに気付いたのはまだ最近です. 別々に絶縁するのが正しいようです.

ED20

ED20 は小型の国産電気機関車ですが, 機械美のみでなくかわいらしさも持ち合わせています. これは夢屋製のキットで, 部品は細部にわたりすばらしいのですが工作しにくい部分が有りました. 完成して時間が経過したため記憶が曖昧ですが, 台車はねじを締めてかちっと組み上がるタイプではなく, 少し余裕を持たせてあって, グニャグニャとし, いわゆる線路に車輪が追従できるような設計です. こういうことをイコライジングというのかも知れません. 私の下手な工作もあるのでしょうが, 台車枠と車輪の間に余裕がなく, イコライジングによって絶縁側の車輪が台車と微妙に接触し, ショートするため度々不調でした. 恐らく軸孔を少しドリルで深くした, ないしは軸孔を大きくし過ぎて車輪の可動範囲が増加し, ショートしやすくなったのでしょう. イコライジングがあるが故に Fleischmann レールはポイントでの脱線も起きやすいです. このレールはポイント内で車輪の重みをフランジで受けて集電する区間が短いですが存在します. 日本型の車輪はフランジが浅いためその部位で車輪が沈み込み, 脱線の原因となります.イコライジングも脱線の要因になります. 電気機関車キットの台車は, メーカーサイドで確実に組み上がるように下調製してほしいものです. この車両の車輪は大方の国産キットとは異なり, クロームメッキではなく黒染めないしは黒メッキされていました. 裏面をみておわかりのようにエンドウ製の集電シューキットを全車輪に組み入れました. 車輪の踏面での集電です. 撮影をきっかけに走行させてみましたがショートが原因と思われところどころで停止しました. 停止がなければ走行のスムーズさは類を見ません. MPギヤ様 2 軸での可動です.撮影時にナンバーが取り付けられていないことに気付きました.手すりの下部の固定ができていません. ずいぶん時間が空いて, 点灯工作 (2020.12.31) 施行後にやっとビデオ撮影した.

ED26

ED級 輸入電機機関車 (その3) へ移動しました.

ED40

東武鉄道. 昭和20年の東芝製です. Westinghouse 含め原発の現存メーカーの多くが昔は電気機関車を製造していたわけです. ワールド工芸製キットから製作. 動力ユニットも自分で組むのですが直角を出すのにこつがいります.

2018.10.30 重い腰を上げて塗装開始.分解し, まずは洗浄へ.ブラスクリーン+マジックリン, 少量でも混じると塩素発生!!

この後プライマー,ガイアノーツメタリックグリーンと塗装を進めたが大失敗でした. この時の失敗ですが, あまりに色がおかしいので確認しましたら塗料のかき混ぜが不充分で, 瓶を手で振っただけでかき混ざったと勘違いしたためでした. これは初心者にありそうな失敗で, そういう失敗を繰り返さないと上達しないのだ. 塗料の上清のみを取ってきていたわけで全くうまくいかないはず. 塗り直してもまだ下手でした.

ED42 (天賞堂製完成品)

輸入電気機関車の ED41 をコピーし国産化したのがこの ED42 です. 信越本線横川~軽井沢間の有名なアプト式の路線を走行した電気機関車で, スコッチヨークが大変魅力的です. 小学生のときに垂涎, 高嶺の花でした. これは天賞堂製の中古で, 相場より結構な高額でカラマツトレインでの購入でしたがよく観察すると軸箱可動の仕様でモーターも 2 個, しかも比較的きれいな品物とわかりました. 最近 ED42 を ED41 に改造して輸入電機にしてしまおうかと思案中で, もう一台入手を計画中です. 整備している内にカーブで動かなくなり, 原因究明には数時間かかりましたが, カーブでモーターがシャーシに接触するため, メーカーによって貼られていたショート防止用のテープに寿命がきて, 破れていたためと判明. カーブでの停止ではどこがショートしているのか解明するのは本当に苦労です.

名鉄デキ 379 キット (ED 22 類似 国産)

時々掘り出し物を見つけるアニメフィギュア系中古グッズ屋さんで手に入れました. 私は ED33 という ED22 より重い, もうひと回り大きいのを探していたのですが, これをみたときにうっかり見つけたと勘違いしました. 検索すると名鉄が輸入した ED22 を国産化したものでした. 新品定価は 36000円を 30000円と高価です. 実はED22 とほぼ同じですから, WH 風の ARUの 製品と比べてしまいます. 2020/02/23

Wiki によりますと 自重は 24.82t (371・372)24.31t(373・374)24.8t (375~379)でした

このように洋銀のエッチング板を合わせていくのですが, 従来品とはひと味異なります. エッチング板は厚めと薄めの二種類入っており, 一部は骨組みになり, 一部はその上に貼り付けるというスタイルですが, 羽目合わせに切り欠きがあって互いに組み合うようになっています. レゴスタイルと名付けました. 噛み合う孔をハンダで詰めてしまったりすると上手く工作が進みません. 一旦こつをつかむと 精度は高く, 0.1mm 以下の納得がいく仕上がりです. 少しずつずれを修正していくとぴったりと合います. 上の写真はボンネットの側板のみ接着済みでそれ以外は骨格を組立てたところです.

それでも隙間が出来ており完璧な工作は困難です.

下は上を塗装したものではありません. 輸入電気らしき ED22 風 (ARUモデル製) です.

本家本元の輸入電機 ED22 と比較しようとARUモデルの疑似品 ( ED22 として販売していない) を並べますと, ほとんどプロポーション/寸法は変わりないようです. 名鉄デキ 379 は輸入機の copy であり国産です. 詳しくは輸入電機でもご覧下さい.

当初は16番 (HO) NSドライブユニット NSA-10.5S φ10.5 プレート車輪 Aタイプ (1 輌分 2 ユニットセット) を使用. Bタイプが手に入れば 4 軸駆動できるのですが手に入りませんでした. 2モーターはトルクは不足で数両しか貨車が引けません. その後 NSB が手に入りましたが, 非常に高価でした.

変わり種 ED28 と並べてみました. ED28 は GE 製です. ED22 は元々は Westinghouse Boldwin 製です.

NS ユニットを 4 個導入してようやく 1 人前の牽引力ですが私の PWM コントローラーではひどい騒音がでます. このキットは Train 誌 No 4 に製作記事があることに気づきましたがゼブラ塗装などが難しそうで, 今後の課題です.

安達製作所  岳南 ED50 キット

上田温泉電軌デロ300形電気機関車は上田温泉電軌 (後の上田交通, 現・上田電鉄)が 1928 年 (昭和 3 年)に新製した電気機関車である. 後年, 名古屋鉄道に渡りデキ500形と改称, さらに岳南鉄道へ譲渡されてED50形と再び改称された. キットは動力部分がパワートラックを使用するタイプ. 私鉄の電気機関車は概して車輪径が小さいからかこの仕様が多い. 製作過程の写真撮影はなし. デザインは一見仏壇風で, エキゾチックな感じから, 輸入電気機関車を連想する風情がある. 点灯工作未施行. 色はメタリックグリーンである.

近鉄デ52 (吉野鉄道) 夢屋 キット 製作記

近鉄デ 52 の妻面は輸入電気機関車のように 3 面に折れていると知ったのは最近である. 見た写真は Rail Magazine 39 号 1987.3  p 37 にあり, デ 51 と 52 が並んで正面近くから撮られたもので, 外周が 8 角形となる折れ妻の様子がよくわかる. デ 51 のほうはデッキがなく, 輸入電気機関車の ED 56 に似ている.

安井模型店にこのキットがあったはずと思い, 早速買いに行った. すでに発売から 30年ほど経過しており, スポンジは変性していた. 説明書はついているが全く必要最低限のことしか書かれてないので, 後述のように製作には骨が折れた. 動力を組むときの軸受けとなるスペーサーの向きや, 左右で違えるなどは説明がなければ試行錯誤で組むしかない. 車軸に車輪がねじ込めない事故があり, 計測ではシャフトの太さは 3 mm 雄ネジの部分は直径が 2.3 mm という変わった規格であった. そのような大きさのタップやダイスを手に入れることは困難なのだ. とにかくネジがきつくてはまらず, ルーターでわずかに軸孔を広げたりしてもはまらない.  諦めて安井模型店を再訪したら幸い在庫品があって, 不具合部品を一式換えていただけた. もしヤフオクで入手していたらこうはいかない. ちなみに店の人の話では夢屋さんが部品の不都合に応えていただけそうとのことでした.

モーターを留めるネジは片方が 2mm もう片方が1.7mm と, とんでもない話であった. 1.7mm ネジは流通が少なくなり規格違いのモーターが混在したのだろうか. 1.7mm のネジは取り付ける際にモーター台の孔をすり抜けてしまうので帯板からワッシャーの自作を要した. 前述のように説明書が簡単で台車の組み付け方がわからず.

工作開始しました

後に完成間際に起きたカーブでのショート事件の原因を説明したいのですぐ上の写真でアングルの形状を見ておいて下さい. 長方形の中央にタップが切られています.

後ろに見えるシャーシは早まって黒染めしてしまったが実際には床下器具をハンダ付けしてからが正解.

ウオームギヤが接触しないように一ヶ所だけ取り付け方が異なる. 台車は上からインサイドギヤにネジで止める方式であらかじめ付けて組み立てる (やっかい).

側板, デッキ, シャーシの関係は把握困難, 説明がないのは非常につらいところです. 何事もなかったように製作してゆくところが鉄道模型ファンなのでしょうか. 模型店で購入, 前述の車軸問題以外にもパンタ台の欠品などにも対応していただく必要があり, 定価での購入に意味がありました.

側フレームとデッキは一体にしてシャーシにネジ止めできるようにした. 説明書には何も記載ないが.

見ての通りシャーシにはモーターを通過させる穴がない. 従って製作手順はやっかいで, 台車とインサイドギヤをシャーシに取り付けてからでないとモーターを取り付けられない. 台車をシャーシに取り付ける際には, 車輪も外しておく必要がある. そうしないと車輪を床に落下させる事になる. そしてこのモーター取り付け台の孤を描いているところを見てほしい. 先ほどのアングルは組み立て後, カーブでは互いに接触する. ここが接触しうるのは設計ミスで, ボディーを付けるとカーブでショートする原因が何なのかボディーを被せてしまうと中が見えず診断不能! ちなみに二つの台車はそれぞれ別の極性を持っており, カーブでそれぞれの台車で計 2 ヶ所の接触によりショートをきたす, 特にFleishmann レールの小半径部分では.

絶縁側にはエンドウの絶縁シューキットを取り付けたが.  プラ板を絶縁材にしジェルタイプの瞬間接着剤を使用.

車輪を外すとこのよう. 今回はシューの当たりは車輪の踏面ではなく内側リムにした.

このあと細部に手を入れてほぼ生地完成です. ここでのキサゲ作業が重要ですがすぐに手を抜いてしまいます.

造形村 GK サーフェイサー・グレーを吹いた後に, ボディーはガイヤノーツのローズピンク, 側フレーム・デッキはサンシャインイエローをエアーブラシで吹いた. ローズピンクは思ったより落ち着いた色で, もっと派手な赤に近い色に塗られたものが経年変化を起こした感じが出ている.

前照灯には 1 側 2 灯の LED を使用した.

上; 標識灯を点灯 LEDの上に赤色の紫外線硬化レジンを乗せた.

上; 前照灯の点灯 ガラスは透明レジンを使用

集電シューの効果もあり, 静粛でスムーズな走行が得られました.

実車については 川崎重工兵庫工場製造 1929年4月→納入  E49t BB 車歴;52→合併後の近畿日本鉄道 (吉野鉄道 (奈良県))(大阪府);→1975年9月20日廃車 と機関車表にはありました.

ED41 輸入電気機関車

EC級輸入電気機関車へ

ED級輸入電気機関車へ

国産EF級電気機関車へ

一番上に