My audio system (私のオーディオシステム)

My audio system (私のオーディオシステム)

昭和 57 年 (1982年) 刊行の芸文社 (geibun mooks 81)「D.I.Yオーディオ」に掲載されたいくつかの記事は私のオーディオシステム構築に大きな影響を与えた. まず朝倉俊博氏の「ゴールデンディープ・リバーはどんな音だったのか」 そして桜井浩一氏の「キリエエレイゾン・クリステエレイゾン・キリエエレイゾン」, この 2 作である. 何度読み返したことか,  読む度に共感と同時に, 胸が締め付けられる程感動し, これらの文章はほとんど文学ー芸術に値すると考えてしまう. 金に飽かしたオーディオ趣味とは全く異なる切なさがひしひしと身にしみるのです.

これらの中に出てくる STAX 社のコンデンサーカートリッジやコンデンサー型スピーカーの存在は私のオーディオに大きな影響を及ぼした. 実際 STAX ECP-1+CP-Y/type2 や UA-7N (アーム) を購入, そして静電式スピーカーは中古の QUAD ESL57 を手に入れた.  LUXMAN PD300 は大須のサウンドプラザでの特価で, これは後にバキュームポンプも追加購入. この頃は CD が出現した直後であり, アナログの世界も最後のあがきを見せ, オーディオ界は世紀末の様相であった. 写真は最近の私のオーディオシステムの全容 (管球アンプはうまく写っていないが) であるが新品は上記のターンテーブルと STAX 製品 ぐらいで他は中古か自作品が主体. 当時は学生ないしは就職したばかりの身で, 貧乏オーディオを地で行くしかなかった. 写ってはいないが Fostex の 20cmバックロード BK201があり (自作), FP203というフルレンジはエッジがぼろぼろになって何年も放置してあった. ようやく新発売された新たなスピーカーユニットFostex FE208EΣに交換できたときは大変嬉しかった. この時初めてネットワーク回路を使用してFostex T900A を装着 (東京で購入したが2006年, 1個31374円でした, あっこれは新品でした).

さてではその後コンデンサーカートリッジの CP-Y はどうでしたでしょうか. 全くだめでした. 片 channel の音が小さくなり, 音が出なかったり雑音が入ったりで, 修理に出しても間もなく症状は再発し, どうしようもなかったわけです. 最後は充電が十分に出来ない問題. 確か充電池も交換しましたが稼働せず, 修理は失敗. 結局のところ静電気に関連する微妙な問題やバッテリーの充放電の問題などで非常にむつかしい製品であったという事です. この品物をうまく使いこなすのには本当に苦労し, 結果非常に苦い思い出にしかなっていません. 当然新しい製品は出ませんでした. この記載をきっかけにこの製品をネットで調べますとレストアした記事が出ており, 同好の者がいるのだと感動. 結局, 現行カートリッジはオルトフォンMC30 (新品買った), ステップアップトランスはオルトフォンの中古. トーンアームもサエクの中古で, これは STAX 製が不安定になり, やむなく替えました.

私のCP-Y 最後の姿です. 当方にお問い合わせがあり. お嫁に出しました. 最後の姿を撮影しましたので見てください.

 

オルトフォンMC30のケースを嫁入り道具にしました. 先方では実力を発揮してたいそう喜ばれている様子で, 嫁の父としては誇らしく思います. いつまでも元気で活躍してください.

STAX UA-7N

新品を購入し長く使用しましたがインサイドフォースキャンセラーの調整中にアームが流れてしまう不具合や, リフターの下がりが悪くなり net に出ているような断線事故ではないのですが使用をあきらめました.

SAEC WE-308 NEW

その後は SAEC 製品を名古屋大須の NAPIX で中古を購入し, 使用中です. 重量カートリッジ用の追加ウエイトは自作品を net で購入しました. 名古屋大須のNAPIX 店頭での購入ですが net にも出ておりその記録が PC 内に残っているのを最近発見しました. 以下は店が撮ったものです. 販売時の説明文は「ダブルナイフエッジタイプ 全長329mm 針圧0-2g 適合カートリッジ5-11g PHONO ケーブルなし アームリフター上下レバーのストッパーネジ1ケありません 動作はします 外観はサビもなく全体的にキレイなほうだと思います」発売年は1975年ですから今書いている (改訂) 2020年からは なんと 45 年も前の製品である. 購入は 2010 年 4 月で税込み 35000円でした.

旧型電気機関車のような機械美にあふれています. PD300 に装着使用中の様子が下記です. リング状の重量カートリッジ用のウエイトを加えています.

肝心のアンプの話が遅れましたが, 前出の朝倉俊博氏の文章にはアンプは三極管のシングルアンプにすべしとあり, 別稿の自作管球アンプにそれらの製作記を載せました. 下の写真に YAMAHA C2A, MARANTZ SA 8260 (SACD), LUXKIT A3400, LUXMAN SQ38 FD が写っていますがすべて中古です. ブロックダイアグラムも示します. セレクターは Luxman ですが配線の整理ができておらず, いつも裏側に回ってどのボタンを押すとどのアンプにつながっているのか確認が必要です. まめにメモで作ればよいのですがいつも配線は気まぐれで差し替えっぱなし. 次に使うときにどうなっているのかわかりません.

LUXKIT A3400 (中古購入) ¥108,000(1974年5月発売当時定価)

解説: 真空管式のコントロールアンプキット. イコライザ回路にはマランツのModel 7 とマッキントッシュの C-22 の回路の特質を見極めた上で新たに開発された K-K・NF型というマランツに近い構成を採用. この A3400 の回路では 3 段目のカソード抵抗を33kΩと3.3kΩに分割して超高域におけるNF量が不必要に多くなることを防いでいる. また, 3段目のカソードより初段のプレートへ局部的にNFをかけることでメジャー NF がかけられる前の裸特性を改善し, 歪率特性の向上に効果をあげている. 中間アンプは3極管の2段構成となっている. A3400では利得を抑えて高出力時の歪を悪化させないため, バランサに B 型 (挿入損失は約-8dB) を採用し, 適当な総合利得となるようにしている. これは,  2 段構成で低利得とするためには, どうしても高帰還型で負帰還抵抗も小さくなるため, この抵抗が2段目のプレート負荷となって高出力時の歪が悪化するのを防ぐためである. なお, この段にはリニアイコライザを搭載しており, 帰還素子を切換えることによって全帯域にわたって直線的な傾斜を持つ周波数特性が得られる. トーンコントロール回路にはラックス方式 NF 型を採用している. 低音と高音のレベル調整にはプリントスイッチを使用しているためフラット特性が改善され, 安定したコントロールが可能. この回路はディフィートも可能となっている. 出力回路にはカソードフォロアを採用しており, 出力インピーダンスを低く保っている. この段には高低域ともカットオフ周波数が2段階に切換えられるフィルターが設けられている. これはカソードフォロアを利用したNF型となっており, オクターブあたり-12dBの傾斜でカットされる本格的なものとなっている.

LUXMAN SQ38FD (中古)¥98,000 (1970年7月発売当時)¥138,000 (1974年頃定価)

解説: SQ38 シリーズの4代目にあたる管球式プリメインアンプ. 出力管には50CA10 を採用し, 出力トランスには OY15 型を使用している. メインアンプ部はムラード型回路を基本にしており, この回路の特長を最大限に生かすため細部に改良を施すことで高域の歪特性を改善している. さらに位相補正回路を挿入することで, スピーカーのインピーダンスが上昇する高域で負荷の減衰からくるアンプの不安定さを解消している. プリアンプ部には 2 段 NF 型イコライザーと LUX 方式 NF 型のトーンコントロールを採用している. トーンコントロールは左右が独立しており, 低域, 高域ともに2点ずつの湾曲点切換が行える. ハイフィルターやローフィルターを搭載. メインアンプ部の入力レベルセット機能を搭載している. スピーカー出力は2系統備えている. スピーカーの出力インピーダンスはそれぞれの系統で選択できるため, インピーダンスの異なるスピーカーを接続した場合も最適の負荷が選べる.

YAMAHA C-2a 中古  ¥170,000 (当時定価)

ヤマハが 1978 年に発売したプリアンプ。1976 年発売のC-2の改良型で,当時の最先端の素子を使い,最高の特性を得ようとして作り上げられたヤマハの意欲作でした。特に,フォノ系の音は抜群のものがありました。同社のコントロールアンプの最高級機C-1の超多機能とは対極をなすシンプルな回路と機能でプリアンプとして徹底して音質を重視したのがこのC-2aでした。C-2aの基本的な回路構成は,MCカートリッジ用ローノイズヘッドアンプ,電流雑音低減回路を備えたローノイズイコライザーアンプ,高精度トーンコントロールアンプというシンプルな構成になっていました。全てのアンプは,平衡型全段プッシュプルで低歪みを追求し,かつ全段DCアンプ構成になっていました。また,C-2aは,設計上の困難を排してオーバーオールのゲインを通常のプリアンプの約2倍に設定し,出力に低いカートリッジでカッティングレベルの低いレコードをかけた場合や感度の低いメインアンプと組み合わせても充分なゲインが得られるように定格レベルが2Vに設定されていました。このような当時として究極的に優れた特性を実現するために,新たにコンピュータとスペクトラムアナライザーを組み合わせた測定器を開発し,従来の測定器では測れなかったレベルまで測定を可能にすることで,残留歪に隠れていた特性も明らかにしたという意欲作でした。(以下略)

自作管球アンプへ

オーディオスピーカーのこと

戻る