My audio system

My audio system

昭和57年(1982年)刊行の芸文社(geibun mooks 81)「D.I.Yオーディオ」に掲載されたいくつかの記事は私のオーディオシステム構築に大きな影響を与えた. まず朝倉俊博氏の「ゴールデンディープ・リバーはどんな音だったのか」 そして桜井浩一氏の「キリエエレイゾン・クリステエレイゾン・キリエエレイゾン」, この2作である. 何度読み返したであろうか. 読む度に共感と同時に, 胸が締め付けられる程感動し, これらの文章はほとんど文学-芸術に値すると思う. 金に飽かしたオーディオ趣味とは全く異なる切なさがひしひしと身にしみます.

これらの中に出てくるSTAX 社のコンデンサーカートリッジやコンデンサー型スピーカーの存在は私のオーディオ源流を形成している. STAX ECP-1+CP-Y/type2 や UA-7N(アーム)を購入, そして静電式スピーカーは中古のQUAD ESL57 を手に入れた.  LUXMAN PD300は大須のサウンドプラザでの特価で, これは後にバキュームポンプも追加購入. この頃はCDが出現した直後であり,アナログも最後のあがきを見せ, オーディオ界は世紀末の様相であったと思い出す. 写真は最近の私のオーディオシステムの全容(管球アンプはうまく写っていないが)であるが新品は上記のターンテーブルとSTAX製品ぐらいで他は中古か自作品. 当時は学生の身であり, 当然貧乏オーディオを地で行くしかなかった. 写ってはいないがFostexの20cmバックロードBK201があり(自作), FP203というフルレンジはエッジがぼろぼろになって何年も放置してあった. ようやく新発売された新たなスピーカーユニットFostex FE208EΣに交換できたときは大変嬉しかった. この時初めてネットワーク使用してFostex T900A を装着(東京で購入したが2006年, 1個31374円でした,あっこれも新品でした).

さてではその後のCP-Yはどうでしたでしょうか. 全くだめでした. 片channelの音が小さくなり, 音が出ないとか雑音が入ったりで,修理に出しても間もなく症状は再発し, どうしようもなかったわけです. 最後は充電が十分に出来ない問題. 確か充電池も交換しましたが稼働せず修理失敗. 結局のところ静電気に関連する微妙な問題やバッテリーの充放電の問題などで非常にむつかしい製品であったという事です. この品物をうまく使いこなすのには本当に苦労し, 結果非常に苦い思い出になってしまいました. 当然新しい製品は出ませんでした. この記載をきっかけにこの製品をネットで調べますとレストアした記事が出ており同好の者がいるのだと感動. 結局現行カートリッジはオルトフォンMC30(新品買った), ステップアップトランスはオルトフォンの中古. トーンアームはサエクの中古ですがこれはSTAX製が不安定なのでやむなく替えました.

STAX UA-7N

新品を購入し長く使用しましたがインサイドフォースキャンセラーの調整中にアームが流れてしまう不具合や, リフターの下がりが悪くなり net に出ているような断線事故ではないのですが使用をあきらめました. その後はSAEC を名古屋大須のNAPIXで中古で購入して使用中です. 重量カートリッジ用の追加ウエイトは自作したというものをnetで購入しました.

STAX UA-7N

SAEC WE-308N

YAMAHA C2A, LUXMAN SQ38 FD, LUXKIT A3400 が写真に写っていますが全く使用していません. SACD はMARANTZ SA 8260 というものですが以上4点は全て中古での購入. ブロックダイアグラムを下に示します.セレクターもLuxmanですが配線の整理ができておらず, いつも裏側に回らないどのボタンを押すとどのアンプにつながっているのかわからなくなります. まめにメモで作ればよいのですがいつも配線は差し替えっぱなし. 次に使うときにどうなっているのかわかりません.

 

自作管球アンプへ

オーディオスピーカーのこと

戻る