2A3 ロフティンホワイトNo2 →300Bへ

 2A3 ロフティンホワイトNo2 (その後300Bに作り変え)

どうしてこの amp 2A3 ロフティンホワイトの写真が有るんだろう.  もう一台作ったんだろうか. しっかり記憶していない.  ある人に差し上げようと思ったのか. 作っているうちに差し上げるのが惜しくなってしまった. そして写真は残っているが実物がないことにようやく気付いた. おそらく2A3は同じでつまらないから300Bに作り替えたんだ.

シャーシはISO トランス用に穴を開けました.

裏面の放熱用の穴は非常にきれいです. 前作では手に入れられなかったメタルクラッド抵抗が手に入り規定の放熱板に取り付けられている. ソケットを装着, 整流管は何故か足がいっぱいある.整流管をシャーシより沈めるのに適切なソケットが手に入らず穴あきのアルミ板を使用. その後ソケットは変更になっている.

配線終了入力付近.アース線の引き回しがわかる.ISO トランスでまとめられた. うっかり整流用のキャパシターを沈胴化することを忘れた. こういうのは注意欠落である. 青い外装のままもイマイチであるが.プレート電流計も角形で今ひとつ無粋だ. このあと300B用に製作し直し.

 

300B ロフティンホワイトへ

戻る