EB級 輸入電気機関車 銚子電鉄デキ3  上田丸子電鉄 EB4111   岳南デキ1

EB級 輸入電気機関車 (new)

EB級では鉄道省が直接輸入したものはないと思われます. 私鉄籍であったものが鉄道省に買収されるという歴史的変遷がありますが輸入電機であることには変わりないです.

銚子電鉄デキ 3

ワールド工芸のキットからの製作です. 実車は1922年(大正11年)にドイツのアルゲマイネ社で製造されたもので, 当時は宇部興産で使用されていました.

こうしてみると全くおもちゃにしか見えませんが実在するのです. この状態で数年間放置し下の EB4111 に先に完成されてしまいました. このデキはツートンにきれいに塗装したいとの願いが壁になっていました. 下記は塗装時, 分解した折に撮影したもので, 年月が経過し, 錆がきています.

下は塗装を終えて点灯の結線も終了したところです. この後, 袴をはかすときに電線を通すことを忘れていることに気付き, 半田はやり直しです. この回路をキャビン内に押し込むのは一苦労でした.

別稿でも記載した自作の点灯回路を狭いキャビン内にになんとか挿入できました. 赤いプラスティック部分は上から下に向かって刺せるプラグです. LEDは極性を間違えやすいのでピンプラグにし, 刺し直せるようにしたアイディアです. 現在この回路を複数作製中.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成していたEB4111と並びますとまたその大きさが分かります. インレタは接着剤の劣化のために転写できず, 一旦あきらめです. その後紛失!!

上田丸子電鉄 EB4111 ワールド工芸キット

上田丸子電鉄 EB4111は GE 社製で 1924 年 (大正13年) 製造とされています. Wiki によると丸子鉄道が大屋 – 丸子町間電化時に導入した凸形二軸電気機関車A1で, EB1を経てEB4111となった. 1963年に別所線に転じ, 1975年に廃車された.となっている.

ある日私の勤める病院に信州上田市から患者さんが紹介されてきました.その方はN市からその方面に旅行中に病気を発症し, 寝たきりになられて紹介転院され, 主治医が車に同乗して患者さんを送って来られたのです. 上田市と聞いたときにこの上田電気鉄道を思いだし, 調べるとこの輸入電気機関車が在籍していたのでした. 手に入れたのはこの患者さんがきっかけで, ほどなくこれを大須の中古屋さんで見つけたのです. こういうマイナーな機種は得てしてコレクションの末期になるのです.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キットはエッチング板とその他の部品からの構成ですが小さな箱にきっちり収まって入っているのが非常に愛おしいです. この真鍮板の輝きは金そのもの. ところで 2019.12 現在, ワールド工芸のHP において新しいバージョンのキットで製作記が出ています. EB4111 製作記. これをみるとプロの記事はうまいです. 私は動力部をトビカで塗装しました. 手順どうりに組立ててもいろいろ問題が起きますが, まずはギヤの組み付けで大ギヤと小ギヤが干渉し, スペーサーを切削短縮させる工作が必要. そして下の写真の如く微妙にモーターが水平にならずに帯板を噛ませて角度修正が必要でした. 下のモーターの組み付けは誤りで後に180゜回旋させている.

この後フジのプライマーを吹き付けましたが黄色い成分が沈殿し, 時々そのかたまりが飛んでしまい失敗. ボークスの灰色のプライマーに変更しました.

くどく写真を撮ってしまったが本当にかわいらしい電機です.  キャビン内は配線で埋め尽くされ, 外から緑の熱収縮 tube が見えてしまい, 黒にするべきだったと後悔. このtubeの内部はダイオードである. 売るつもりで作っていないからこんなことになるのかも. アマチュアですからすぐにあきらめ. 塗装はマスキングが不充分で, トビカトップガードが回ってしまった. こういうのは紙やすりで擦って上から再塗装でしょうか. Mr. メタリックカラーのメタリックブラッディーレッドは結構深い色合いが出た. ボンネットにつく蓋はヒンジが上下逆さまで付け方に誤り. 格安点灯化には成功した.

岳南デキ1  アオバ キット

ヤフオクで18400円で落札したジャンクキットで, ネジとウエイトが欠損していたが, 特に問題なく製作できた. 動力は 24.5mm のパワートラックがお勧めだが手持ちが無く, 市場にもなく, アルモデルのアルパワーを流用した. Wiki では実車は宇部電気鉄道デキ1形電気機関車として紹介されている. かつて存在した日本の直流用電気機関車である. 宇部電気鉄道 (路線の一部は現, 小野田線の一部) が1929年(昭和4年)にドイツの AEG (アルゲマイネ社)で製造したものを購入, 宇部鉄道(現, 宇部線)への合併を経て, 1943年(昭和18年)に同社の戦時買収により国有鉄道籍を得たものである. 日本国有鉄道に在籍した軌間1,067mmの電気機関車では, 最小である. なるほど銚子デキ3 のほうが小さく思えるがデキ3 は国鉄籍を得たことはないためこれが最小となる.

なぜかカートンラベルがない.

このキットは分厚いエッチング板とロストの部品の構成で, 同様な仕様でED28 もあります.

次に動力部分のアルパワーの紹介です. アルパワーは自分で組立てるので楽しいのですが, 複数回工作で正確に組立てるコツが分かってきます. 鉄道模型は必ず落とし穴があって, 課題を一つ一つクリアしていく必要があり, それが楽しみでもあります.

上記を組立てると下記のようになります. 先の細い半田ごてが1本必要です.

岳南デキのシャーシとの適合を確認していますが, キットはこのパワーユニットの存在を意識しているような寸法であり, 上手く作れそうな予感がします.

どうやって取り付けるのかが問題. 帯板加工になりそうです.

部品の加工精度はかなり高く, 組み付けには確実な手応えを感じます.

試行錯誤の末にこのような取り付け方法に落ち着きました. アルパワーに開けられている孔は丁度 1.4mm の下穴に使えるので簡単にタップが立てられます.しかし肉厚が薄いので強く締めるとネジ山をなめてしまいます.

ロストの真鍮は柔らかで, 横から摘むことで手摺りを簡単に変形させてしまいます. 真鍮線+ハンドレールナブの組み立てが正解.

パンタ台は真鍮の塊で, これに1.2mm タップの下穴を開けるには苦労しました. CRC2-26 を塗布しながらドリルが必要. 鬼頭師匠の工場で旋盤を見せて頂いたとき, 切削部には常に油が注がれていることを思い出した. ドリルするときには切削油を使用する必要があるのだが, しばしわれわれは忘れており, ドリル刃の寿命を短くしている. (註: CRC2-26 は切削油ではありません, しかしないよりはまし)

PS13 装着して再度記念撮影した. 解放てこの形態は正しくありませんが直しておりません.

三井三池 20 t

ヤフオクで数ヶ月間探し, 落札に成功しました. 検索キーワードは 「デキ」「EB」「凸電」「三井三池」でしたが前 3 者では全くヒットせず, 最終的には「三井三池」でした. 出品者にはこの電気機関車に対する十分な知識があったと推察します. 幸運な落札と私の誕生日に商品が到着したのが感激でした. 完成品ですがキットからのものかは不詳, ネジで分解が不可能な構造です. ネット記事を参考にパワートラック仕様であることから安達のキットと推察. 形態としてキャブ部分がボンネットより幅広ではないものです. 実物はジーメンス・ シュッケルト製です. 走っていた線路は三井化学専用線というのが正式でしょうか, 名称は色々で歴史的にも変遷しています. この車両はなぜかデキなどの名称がなく, 重量で呼ばれており不思議です. 窓の十字型の桟が印象的で,  GE 製の ED11 を思い起こさせますが,  少し和の雰囲気を醸し出しています.

 

これの兄弟車両が 2020 年まで実際に運用されており, net 上でビデオ画像を見ることができます. パンタグラフは非常に繊細で精密に作られています. (2021.1.17)

ドイツジーメンス製輸入電気機関車にはもう一つ, 上信電鉄のデキ 1 があり, 比較のためにビデオをとりました. 模型ですから実際にはあり得ない重連運転が楽しめます.

小型凸電気機関車 5 重連も楽しんで下さい

Rail Magazine 39 (1987年) の「私鉄の電気機関車 2」 という特集に続き, 「専用線の電気機関車 (下)」 という記事中, (株) 三井三池港務所専用鉄道という項目がありました. 著者は牧原  弘, 秦野泰樹両氏で. これによると手に入れた 32 という特定ナンバーは, すでに廃車になっており (1987年現在), 1923 年に三井製作所で製造した15 t 電気機関車を 1952 年に 20 t に改造したものとありもう一輛は No 31 があった様です. 現存する機種は多くがキャブ部分がボンネットより広くみえますがこの模型はそのような形態ではなく, 上信デキ 1 のように側面は一平面上にあります. これは改造前のジーメンスの原型に近いもののようです. 2021 年現在で残存する車両は 7 両でしょうか, 三池炭鉱専用鉄道研究所に1, 2, 4, 5, 9, 11, 12 号機の写真が載っており,すべてキャブの幅がボンネットより広いものです. 最後まで稼働していたのは多分 3 両だけです. 下のコピー中にある図面は原型のもので, キャブの側面とボンネットの側面は 1 平面にあります.  (2021.1.19) net では鉄道模型の部屋にキャブに対するボンネットの幅が 3 種類の機種の作り分けが記されています. 本物の軸距は 3000 であり 80 で割ると 37.5mm です. この記事では安達製のものはスケールモデルとは言えないと批判的です. 模型では 35 でなく 31mm の軸距のパワートラックが使用されていることからでしょうか.

Rail Magazine 39 より上のコピーで. 上の車両は改造後. 下は原型 (プロトタイプ) の図面と思われ, 確かに軸距は模型より長く感じますが大方この模型のプロポーションは保たれているように見えます.

これらはキャブやボンネットの拡幅が行われる前で購入した製品と同じ様なスタイルです.

名鉄デキ1 (鉄道模型社製キット製作記)

上記三井三池 20t と同様なジーメンス・シュケルト製の凸電機です. ヤフオクで手に入れたものですが大枚をはたいてしまった. その分愛おしくなります. モデル 8 という会社からスケールモデルが出ており入手しそびれていますが, 鉄模社のこれはややデフォルメ気味でかえって味があります. 鉄道模型考古学には名鉄デキ 1タイプと書かれてあるがキット添付の説明書にはタイプという余分な修飾語はついていない. 1966 年の発売で現状 55 年が経過しており,この箱の保存状態は相当によい.

古典的なインサイドギヤ形式である. なぜか全車輪が絶縁になっており困りました. 車輪も真鍮製でクロームメッキなし.

台車は4ヶ所のねじ止めで固定できるので製作は楽.

なぜかベイカー型カプラーは 3 つもはいっており, ねじも予備がたくさんあった. あっという間に動力部は完成. しかしこのキットは総ての車輪が絶縁になっており, 台車からリン青銅板を伸ばして非絶縁側に集電シューを当てる必要がありました. 絶縁側はオリジナルの設計が真鍮線での集電でした. カプラーは IMON 製の小型のものを使用しました.

リン青銅板を台車の梁から車輪踏面に接触させた.

パワートラックよりも遙かに楽しみのある模型ができました. 走行音も味がありますし, グリス, 注油で手をかけると音や走行性能も変わります. 以下が実車の写真ですが模型ではキャビンが大きめで, 旧式の縦型モーター (ここで使用したもの) が実装できる設計のために致し方ないと言えます.

実車の写真です

実車についてはあまり書かれたものがありません. 沖田著によれば以下です

デキ1 Siemens Schuckert= 1924-07-00 E15tB(1067)
車歴;1924-07-00製造→納入;尾西鉄道(愛知県);EL1→
1925-08-01 合併;名古屋鉄道(愛知県);デキ1→1948-12-00佐屋砂山線専用→
本線復帰大須駅専用入換機→1960-03-28廃車

晩年は竹鼻線終点の大須駅で入換に使われていたと名鉄の HP には書かれている.沖田著には竹鼻線と明確に記されていない. 大須駅は岐阜の竹鼻線にあったもので, 名古屋の大須とは異なる.

最後に動画を

上信電鉄 デキ 1

EC級輸入電気機関車へ