Marantz 7 再製作中

Marantz 7 製作に再挑戦

私が往年の人気真空管プリアンプのコピーを製作したのは 42 年前のこと.  2022年, 現在手に入る部品でもう一度製作しようという気になった. 参照にした記事は前作とほぼ同じ. このプリアンプを真剣に再生産している方のブログ記事にも刺激を受け, それも参考にさせて頂いた. 原機のデザインや回路にはあまりこだわらず比較的安価に手に入った部品で製作.  問題は必要な部品が代替品含めて現実に手に入るか否かである. 難しいロータリースイッチや電解キャパシターなどから検索し, 入手のめどが付いた段階で順次発注した.  MN 型のボリューム (左右のバランスボリューム) は手に入りそうになかったが, 幸運な事に職場の S 先輩からそれに近い AC 型 2 連ボリュームを譲っていただけた. ところがあとで気付いたことはオイルコンデンサーの 0.47 μF がどの店も品切れなのだ. ヒグチ電子の Vitamin-Q というやつの入荷のめどが立っていない. と思っていたら三栄電波でデルリトモ製の物が手に入った. ネットは本当に検索する必要がある.

シャーシは摂津金属の RU-150N を選択した. これは JIS 規格の汎用型で, 値段も手頃であった. 摂津金属はアイデアルとして知られ, 以前は管球アンプのシャーシも製作していた. 前面は 4 mm, 後面は 2 mm 厚のアルミだが, 加工は結構大変である. ハンドニブラーは宝山製の古いものを使ってみたが途中で投げ出した. 金属の鋸切りも糸鋸も購入したがどれを使用しても非常に苦労する. 要するに根気が必要である. ボール盤は 1-2 年前に購入した東洋アソシエイツ 小型ボール盤 (DP2250R 16110,  定価12773円) を使用した. このボール盤はドリルチャックが運転中に外れてしまうので困っていたが, ネットには脱脂してハンマーでたたき込むと書いてあり, 随分乱暴な話だが何回もそのようにしたらなんとか外れなくなった. しかしその結果だろうか刃先がすこしぶれるようになってしまった. この値段なので仕方ないか. ドリル刃の方はステップドリルビットセットというのを購入した. これで 6mm 以上の孔を開けることができる. しかし穴を開ける材料をきちんと固定しないと騒音が激しい. と言うかドリルの回転数が高すぎるのですこし下げないと騒音のもとである. また事故が起きる危険性を感じる. 先輩の S 氏が何と交流 100V ドリルのコントローラーを作製して, それをお借りすることができた. 双方向サイリスタを使用した電力制御器というものである. 以前から相談はしていたからか私が工作に困るであろう事を想定して色々助けて下さった. さてこの機械でドリルの速度を調整すると低速回転ができるので騒音から解放され, 安全性も高まるので大変良い.

穴開けの道具

上は東洋アソシエイツ 小型ボール盤 (下のバイトは付属のものではない)

日立製のドリル

左からリーマ, ステップドリルビットセット, バリ取り

背面パネルの真空管が出ている部分の加工が最もやっかいで 2mm 厚アルミ板をなめていた. 最も効率が良いのは万力などでしっかり固定した上での糸鋸作業である. 手で固定すると微妙に動いて効率が悪い. また糸鋸を通したままで板が倒れると簡単に鋸の歯が折れるので要注意である. 糸鋸の刃は開けはじめの下穴を通して鋸本体に固定するのであるがこの作業は非常にイライラさせられる.

宝山製の上記ニブリングツールは 2mm 厚まで使用できるが現在は市販されていないようだ. 2mm が切れる道具は現在は他社製でも市販されていないかも知れない.

直線はこの工具も使ってみた.

糸鋸は穴に鋸歯を通してから再度固定するのにかなり手間がかかる.

1mm 厚のパンチングアルミ板を持っていたので使用したが曲げるのはニッパで 1 孔置きに隣の孔とつなげておくと容易である,

真空管ソケット用の孔はステップアップドリルではなくリーマーが便利

ベーク板はミスミの特注で手に入れたが. 迅速かつ正確無比であった. ビスが並んでいるが本来は A 端子, B 端子と称する往年の部品が推奨だが手に入らないのでビスを使用. ビスは鉄なので磁性体であり回路に使用することは何か害があるかも知れない. 参照本にはビスで代用できるとあるので信じることにした. しかし実際に配線を初めてみてクロームメッキと思われるビスは極めて半田付けが困難であると認識. ビスはすべて外してスズメッキの銅線に変更した.

後面パネルはこのように加工したが電源アウトレットソケットの大きさは間違えてしまった.

真空管を抜き差しする開口部の加工は苦労したが, 写真後方の半周はニブリングツールを, 手前半周は糸鋸を使用した. 結論は糸鋸が良い. ニブリングツールでは周囲に微妙に傷が付いてしまう. 糸鋸は切る物をちゃんと固定することが作業の効率化のコツと悟った.

上記は 4mm 厚の正面パネルであるが小型のボール盤ではそう簡単に穴開けはできない. CRC 5-56 を切削油の代わりに用いた.

旧 TANGO ST-30S はなぜか自宅に余っていた. 前作の時に間違えて 2 個購入したとしか思えない. これが手元にあったことも再製作着手の決め手となった.

コンデンサー用の袴は最近は別売りで, しかも手に入りにくい. 0.5 mm パンチングアルミをハンズの通販で手に入れ自作した. これは大失敗で, 0.5mm厚は折り曲げに非常に弱く, 再度逆方向に曲げると切れてしまう. 0.5mm ならパンチングでないアルミ板. パンチングなら 1mm 厚が必要である. いずれでも金ばさみで切ることは可能である. 大型電解コンデンサーはすべて接着剤を併用して固定した. さて実際の配線に移る前に実体配線図の確認をした. 特にロータリースイッチ周りがわかりにくいのだが, そこで配線図の誤りを見つけた. 実は前作は製作後にちょっとした不具合があって不思議に思っていたことがある. それは低音のブーストで 2 段階目にスイッチを入れると極端にブーストされる現象で, まさにその部位に誤りがあったのだ. 本作ではきっと正常に作動するであろう. 実体配線図のなかに誤りを修正した図を示す.

 真空管はエレクトロハーモニクス社の 12AX17 を手に入れた. 同社はニューヨークに本拠を置くエレクトロニック・サウンド・プロセッサを製造する企業である. 1970年代および1990年代, 同社はギター用エフェクターでもっとも名が知られていた. 1968年創業, 創設者はマイク・マシューズ. 残念ながら実物の真空管は Russia と書かれてあり, 本社はアメリカにあっても製造は made in Russia という事で, 2022年のご時世で ロシアに協力することになってしまった. 仕方ないことである. 最近はロシアは真空管などの輸出を禁止したとされている.

マランツ7基板模式図

 

現在配線の途中であるが実体配線図の抵抗が多い側からの図は上記のように真空管のピンが平面で描かれているがキャパシターが多い側からの図は斜めに描かれており, 真空管のピンNo が分かりづらい. 点検を繰り返すたびに誤配線を見つけるので, 思いあまって上記のようにキャパシターなどがどこに付いているのかわかりやすい図を作成しなおした. 42 年前に製作したときによく間違えなかったものだ.

ロータリースイッチ奮戦記

ロータリースイッチの規格は複雑で, かつ業者自身が規格をきちっと理解していないことがある. 段数, 回路数, 接点数, ショーティング/ノンショーティングといった規格があるが段数と回路数を混同したりして正しく表示されていないことがあるので, ネットでは買い物が非常にしづらい. そもそも今回作製の元本に書いてある表示が違っていて購入に迷うのであった. 未だ手に入れた物が正解であったのかよく分からない. 実は小島製作所と言うところが様々な規格でオーダーメイドしてくれるので, モード切り替え用と入力セレクターは私もここにオーダーした. しかしショーティングがそうでないのかは種本に書いてなかったのでノンの方を選んでしまった. これからその結果が分かると言うことか. スイッチの規格で難しいのは段数が複数あるときに回路数はその分かけ算をしないといけない. 例えば 1 段中に回路が 3 つあって 2 段にするとそのスイッチの規格としては回路数は 6 である. 実は私は 1段に 2 回路あって2 段の物を頼んだのに全体の回路数が 2 と勘違いされて 1 段に 1 回路しかないものを作製されてしまった. 最悪なのはほしい規格の岩通製が安価にネットで販売されているのに気付いたことである. 今回の製作で最も問題になるのはトーンコントロールである. ここにはネットに出ていた四段 4 回路 23 接点ノンショーティング 岩通US43A4123D というのを衝動買いしてしまった. 実は接点数は 23 もいらないのだがトーンコントロールであまりぐるぐる回転させるのもおかしいと感じてこれを選んだ. 4 段も不要であるが途中のウエハーを外して使用を考えていた.