HO ヨーロッパ型鉄道模型 電気機関車

Ce 6/8II Krokodil SBB, Be 6/8 III ‘Crocodile’, Br. Rh 1020 der ÖBB, Re 6/6 11609, Ae 4/7 SBB, 1010 OBB, NS 1100 Elok blauw, DRG BR E 91 20 OVP, BR 218 DR, BR 144 DB Ep4 blau-beige, De 44 der SBB, ÖBB 1161, SOB 476, E-Lok BR E-52

El-lok Ce 6/8II Krokodil SBB

Ce 6 / 8II(後に部分的にBe 6 / 8II)はSBBの電気機関車で, 主に貨物列車を牽引する目的でGotthard鉄道で使用され, 1980年代まで運転されていた.  1919年からs製造された機関車 46 両のうち7両が保存されている.  Ce 6 / 8II は、少し後に開発されたCe 6 / 8IIIと類似のデザインで, クロコダイルの名前でスイス国境を越えて知られている.

Trix H0 – 22584 – Swiss Federal Railways Be 6/8 III ‘Crocodile’ Electric Engine

クラスBe 6/8
1942年から1947年にかけて、クラスCe 6/8 IIの13のメンバーは、より高い最高速度を可能にするために、より強力なモーターにアップグレードされ、これらはクラスBe 6/8 IIとなりました。このためには、ジャックシャフトを車軸の平面よりも高くする必要があり、サイドロッドの複雑なシステムが必要となりました。1956年には、クラスCe 6/8 IIIの18台すべてがアップグレードされ、クラスBe 6/8 IIIとなりました。

E-Lok Deutsches Krokodil Br. Rh 1020 der ÖBB

DRシリーズE 94, DBクラス194(.5)、DRクラス254,ÖBBクラス1020 共通らしい.ドイツのクロコダイル」の愛称で親しまれているE94形は、貨物列車用に設計されたドイツ帝国鉄道の6軸重電機関車のことを指しています。UIC指定が導入されてからは、1968年からはドイツ連邦鉄道のクラス194、1970年からはドイツ鉄道のクラス254、オーストリア連邦鉄道のクラス1020として記載されています。
歴史:  E94形電気機関車は1940年から製造され、重量貨物用に設計されました。また、Geislinger Steige、Frankenwaldbahn、Arlbergbahn、Tauernbahnなどの困難なランプルートの容量を増やすことも目的とされていました。この機関車はE93型をさらに発展させたもので、E94型はブリッジフレームの魚背とパンチングされたソールバー、側面窓と換気グリルの配置の違いで外観的にすぐに区別できます。AEGは第二次世界大戦末期まで、146両の機関車を納入しました。戦時中の機関車として、その建設が優先されていました。最高速度90km/hの認定を受けた機関車です。E 94系機関車は、85km/hで平地2000トン、40km/hで勾配10パーミル以上1600トン、50km/hで勾配16パーミル以上1000トン、50km/hで勾配25パーミル以上600トンの貨物列車を牽引することができました。

E-Lok Re 6/6 11609

 

SBB Re 6/6 – Wikipedia から抄録

Re6 / 6は, GotthardのAe6 / 6の代わって購入されたスイス連邦鉄道 (SBB)の6軸電気機関車である. 牽引のために6つの駆動軸が必要であった. 摩耗の少ない良好なコーナリング特性を達成するために, Ae 6/6とは対照的に, 3つの二軸ボギーが配置され,中間部は側方に大きく移動できるようになっています.

LILIPUT 47 50 SBB CFF SERIE Ae 4/7 E-LOK ELECTRIC LOCO 10952 Ep II

 

スイス連邦鉄道のAe4/7 クラスはスイス鉄道の代表的な電気機関車です. 1927年を最初に127両が重量級特急を何年にも渡って牽引してきました. ナンバーは10901から11027です. 晩年に至るまで貨車用の電気機関車として重宝されました. 電気機関車で上手くコンロッドドライブを働かせてブッフリ機構を動作させているのが特徴です. 今日においても博物館保存用の機種が通常列車を牽引しているのを見ることができます. 私の輸入電気コレクションの中には ED54 があります. ED54 はデッキ付きですがこの車両のようにはボンネットがなくそれ以外の形態には類似性が見られます. スイスロコモーティブ社とブラウンボバリーの合作という共通性があります. 左右の側面の形態に明らかな違いがあるのが特徴です. パンタグラフが上がっていませんが, どうしたら上がるのか分からずあきらめてそのまま撮影しました.

ÖBB 1010

ÖBB1010 – ウィキペディア   より抄録

ÖBB1010はもともと、 オーストリア連邦鉄道の 高速列車の電気機関車シリーズとして設計された. 機関車は数十年にわたってÖBBの電車運転の重要な柱でした. 最初の機械の納入は1955年に行われた. 1955年から1956年の間にÖBBは20台の機関車が納入され, 最初は急行列車で使用された. これは ÖBBの最も速い電気機関車の1つだったので, 非常に広い応用分野で使用された. 例えば, ウェストバーンで急行列車を牽引し,  南鉄道とセムリング鉄道も走っていました. 2000年には, ÖBBにはまだ18両の機関車があった.  ザルツブルクとリンツに最後に設置された. 2003年に最後の機関車はÖBBの近代化プログラムの一環として廃止された. 最後の代表者 1010,003および1010,010は、2003年12月1日に引退しましたが、クラブ ” Club 1018 “のノスタルジア・サービスで中断することなく, まだ活動しています.

Rivarossi 45 H0 NS 1100 Elok blauw

NS 1100(電気機関車) – ウィキペディア より抄録

NS機関車シリーズ1100は、 1950年から1999年の間にオランダ鉄道によって使用された電気機関車である。第二次世界大戦後の数年間で、ひどく損壊した鉄道会社は再建され、その後大幅に電化されました。  30年ぶりに西側と中部の線路に入った後、 1948年以降、他の線路が発達した。旅客サービスのための合理化設備の購入に加えて、電気機関車も今や大規模に購入された。

Roco 43427 H0 Elektrolok der DRG BR E 91 20 OVP

DRGクラスE 91 – ウィキペディア より抄録

1922年には、電気機関車の調達計画の一環として、 Deutsche Reichsbahn(ドイツ国営鉄道: 東ドイツ)が最初に30台の重貨物列車の電気機関車を山岳鉄道サービスのC + C 車輪配置に配置しました。彼らは1925年と1926年にKrauss 社(機械)とWASSEG社(電気設備)によって納入された。バイエルン鉄道網には16台が割り当てられた。彼らは、 バイエルングループの管理によってEG 5 22 501 – 516と命名されました。 他の14台のマシンは、シレジアのネットワークにEG 581 BreslauからEG 594 Breslauに配備されました 。 1927年から、 E 91 01 – 16とE 91 81 – 94の操作番号が与えられました。1927年にはさらに4つの機関車がバイエルンの運転番号で発注されたが、新しい番号E 91 17 – 20で納入された

Roco 43662 E-Lok BR 218 DR

DR-Baureihe E 18 – Wikipedia より抄録

DRG クラス E 18 (後DB クラス 118 (1968 年) から、DRクラス 218 (1970 年)) の電気機関車はドイツ Reichsbahn (DR) の電気機関車が最速の中にあり 150 km/h の最高速度に達した。これを抜くものは180km/h を出したDRG クラス E 19という姉妹機関車のみである.  1935 年から1984 まで旅客用に使用された.

Roco 63615 E-Lok BR 144 DB Ep4 blau-beige

DRシリーズE 44 – Wikipedia

電気機関車E44シリーズは、ドイツ鉄道網の最初の電気機関車で、100両以上が調達されました。 E 44は、電動車の開発における画期的な出来事であり、 フォアグラウンドアクスルとロッドドライブの大型ライン機関車では初めてであり、 Tatzlagerドライブの長年の成功も確立されました。普遍的な機関車として設計され、1930年代から80年代にかけて南部および中部ドイツの電化ネットワークで非常に堅牢で信頼性が高く、鉄道交通を形成しています。

Roco H0 63538 Elektrischer Gepäck-Triebwagen De 44 der SBB Neu

歴史的概要

20年代半ばには、24両の荷物用鉄道車両Fe 4/4(18501-18524)が発注されました。シリーズ全体の電気部品はSAASが提供していますが、機械部品はSWSとSIGが提供しています。モーターコーチ18519(後の1679)はSWS社製。Be 4/6車両との混合多重制御の条件を満たしていたのは、同一部品が多かったからというだけではありません。Fe4/4を使った列車の構図の中には、青と白に塗られたものもあり、「Arbeiter-Pullmann」と呼ばれるようになりました。スイス交通博物館には、そのような車両が展示されている。

鉄道車両18501~18508は、1930年にシーメタルで使用するために再建されたものです。とりわけ、電動ブレーキが装備されていました。18509-18511形電車には、Vallée de JouxとPuidoux-Chexbres-Vevey線用の電気ブレーキも装備されていました。技術の進歩に伴い、このブレーキはやや強めになった。

1950年から1962年にかけて、すべての鉄道車両に新しいエンジンとリードドライブが導入されました。1960年にはナンバリングが再び1661-1685*に変更され、1963年からはDe 4/4 1661-1685となった。

1966年からは、一部の鉄道車両(1661-1671)が大々的に改造されました。新設のスチールボックス構造により、運転台は着座運転が可能な状態に整えられ、マルチソルダー自動ブレーキが搭載されました。いくつかの電気制御システムも適応されました。

 

Roco Platinum ÖBB 1161 električna manevarka

SOB 476 Elektrolok Lokoop AG BRAWA 0205

ドイツ国鉄のE42形(1970年の242形から)は、DRのE11形を貨物用に改造した電気機関車で、ゆっくりとした旅客用のものでした。これらの機関車は、ドイツ鉄道のDB142系として短期間の間だけ現役で活躍していました。一部の機関車はスイスに売却され、Ae 417、Ae 476、Ae 477のいずれかに指定された。ホルツローラーの愛称でも知られるクラスです。

台車フレームは、箱型の中空鋼板製の桁を溶接した構造です。トラクションモーターは台車フレームから吊り下げられています。台車は特殊なカップリングで接続されています。メインフレームは溶接構造で、ブリッジフレームとして設計されています。キャブやエンジンルームの床板は、耐荷重部品として施工に含まれています。機関車本体は軽量設計の自立式鋼構造で、本体フレームに溶接されています。ブレーキシステムは、追加ブレーキ付きシングルリリースエアブレーキ(K-GP mZ)とスピンドルハンドブレーキで構成されています。E 42 023形から始まったこの機関車は、両側に6つの個別換気グリルを備えていました。

電気部品

シザーパンタグラフは新しいデザインで、コレクターストリップが二重になっていました。このタイプのパンタグラフは、ドイツ・ライヒスバーンの旧型E 04、E 44、E 94形電気機関車にも使用されていました。メインスイッチは耐圧200MVAの加圧ガススイッチです。主変圧器は、エコノミー回路の円盤巻の外部通風ジャケット変圧器です。モーター回路用タップが15個、列車加熱用タップが2個、補助回路用タップが1個付いています。カム開閉器は14段階の速度ステップを有し、速度ステップ間の電圧変化を細かく段階的に変化させるためのステップ開閉器を備えている。牽引用モータは、逆磁極と補償巻線を備えた個別換気式の12極交流直列モータです。

Trix 22008 EP 5 E-Lok BR E-52

バイエルン・クラスEP 5(1927年~:DRGクラスE 52)は、ドイツ・ライヒスバーン(DRG)とドイツ・ブンデスバーン(DB)の大型旅客列車用の電気機関車です。

バイエルン・ドイツ・ライヒスバーンのバイエルン・グループ管理局が最初に設定した新型機関車の調達計画には、バイエルン州の電化路線での大型旅客列車用の電気機関車の計画が含まれていました。数多くのデザインが提案されたが、その中から2’BB2’機関車を選択することが決定された。

この新しい設計では、従来の低速で大型のモーターを搭載した電気機関車を作るというアプローチから脱却し、4つの小型モーターを採用しました。駆動部は1つのフレームの中で2つのグループに分かれています。各グループは、歯車を使用して共通のカウンターシャフトを駆動する2つのモータを持っていた。カウンターシャフトは、カップリングロッドと2つの駆動軸に結合された傾斜した駆動ロッドを介してジャックシャフトを駆動しました。許容車軸荷重を超えないようにするために、エンジンには先行台車と後続台車が設けられていました。機関車の車体と2つの運転台はフレームに組み込まれています。車両部品はマッフィー社、電気機器はAEGとSSWの合弁会社であるWASSEGが製造しました。

1924年と1925年には、機関車はDRGに納入され、DRGはまだクラスEP 5として、番号21 501 – 535の機関車を就役させました。1927年にはE 52 01 – 35として指定された。車両は専らバイエルンの拠点を拠点としていた。1945年までに、番号E 52 02、31と35は引退した。DB は残りのエンジンを引き継ぎましたが、1950 年までに番号 E 52 01、29、32 も引退しました。残った29両は1968年にクラス152の指定を受けました。DBの新規建設計画の一環として、強力な標準電気機関車が大量に入手できるようになったため、これらの重量機はすぐに余剰となった。1973年2月、このクラスの最後のエンジン、番号152 014はサービスから撤退しました。バイエルンEP5はドイツで走った中で最も重い電気機関車であり、DRGクラスE95ではなかった。

HO ヨーロッパ型鉄道模型 蒸気機関車へ

戻る