EC級 輸入電気機関車 EC40

EC40 (10000)

改造後 (マイクロキャスト水野製完成品), 原型 (鉄道模型社製完成品)

本邦の電気機関車の歴史をひもとくと, 当時の鉄道省が国産初の電気機関車を製造しようと, 大正末期から昭和初期にかけて欧米から種々の電気機関車を輸入し, 研究参考にしたことがわかります. ところでこのEC40電気機関車は1912年からの運用で鉄道省は1920年の設立ですからその前身である鉄道院時代の輸入と判明します. 日本に陸揚げされた最初の輸入電気機関車は間違いなくこれと思われます. ドイツのAEG社 と Esslingen 社の合作ということです. この極めてマイナーな電気機関車の模型を手に入れるのは相当後になると思っていたのですが, 思いがけずヤフオクで手に入れることができました. いわゆる訳ありの品物で, レストア工作を経て, 完動させることができました. 問題はアプトへ伝導するギヤの割れでした. 購入時にはギヤははずされており, ギヤなしでも走行は可能ですが, アプトのギミックが可動しないため, おもしろみが半減です. この車両は輸入した後の改造後で, もとは白色に塗られたもので, 欧米らしいスタイルです. ヤフオクでは知らない方が路面電車か?という記述をしているのを目にします. 遅れましたがこれは輸入時の姿ではなく改造後です. 輸入時の姿ですがもっと明るい色で塗装され, 重厚というよりは何かピクニック的な印象を受ける車体です. 集電装置がパンタグラフではなくポールなので印象が異なります.

この2連ギヤの小さい方が割れています

ギヤは樹脂製で微妙に収縮しており, いろいろ考えて図の左側のロレットが切られていない側の軸に瞬間接着剤で付け直しました.

これを戻して動かそうとしましたが, 解決しませんでした.

ギヤのひび割れた部分が微妙に開いており, 隣接ギヤとガチッと噛み合って動かなくなってしまいます. 内径を切削して付け直すべきでした. 樹脂とは言っても精密な設計で0.1mm単位のずれで噛み合いが悪くなるようです. 結局ルーターでギヤを微妙に削り成形し, 最終的にフリクション, 異音ともにない状態にできました. 夏に膨張してまた回らなくなることを見越して, 代替のピニオンギヤを探しています. 14歯モジュール0.5でしょうか.

仏壇を連想させるような変わった外観の電気機関車です. しかし手にするとずしりと重く, ディテールに富み, 静粛でスムーズに走行し, 複雑なリンクの動きを見ていると実にすばらしい製品だと思いますです. 現在このような製品が新品でみられる機会が少なくなったことがとても残念です.マイクロキャスト水野という会社の製品. 今でも模型屋さんで芸術品と言うにふさわしい在庫品を時々見かけその精密さと仕上げの美しさに賞賛を惜しみません.

底面のアプト(ピニオン)ギヤはFleischmann レールではディレイラー部分で線路の一部に接触し擦ってしまいます. ビデオもあります,プレートがないですね.

EC40(10000)原型(鉄道模型社製完成品)

カラマツトレインで鉄道模型社の完成品とみられるEC40原型を見つけました.無動でしたが絶縁側の集電装置がショートしており,分解清掃後再装着し解決した.またリンク装置は微妙なひずみがあり,雑音と走行不良があったが,金床上での形状修正(平坦化)とバリの切削成形で相当に改善した.改造型の完璧なスケールモデルと比較すると物足りないが,いろいろと手を加える余地も残され, 鉄道模型黎明期の製品らしくシンプルですばらしい.ネットなどで調べるとここに示したものは側面のディテールが少し不足しており,発売バージョンの差なのか,キットと完成品の差であるのかないしは輸入機種の差であるのかは不詳である.

集電ポールのバネ装置はとても上手くできています

絶縁側には上方から踏面に集電シューがあり,2軸から集電されている.このバネとしての当たりの強さと方向は走りに影響を与えるため微妙な調製が必要.

エッチングが浅いので一方向から光を当てないとディテールが見えません.繊細なリベットの表現に感心します.是非写真をクリックして拡大してみて下さい.

原始的な,工芸製品の美しさです.

改造前と後を比較してみましょう

旧信越本線,碓氷線のアプト区間を牽引した国産電気機関車→国産ED級電気機関車ED42へ

ED級 輸入電気機関車へ