Marantz SA 8260 (SACD) 修理

Marantz SA 8260 (SACD) 修理

中古で購入したこの機械は数年以上前から TOC の読み込み不良があったが同一 CD でも呼んだり読み込まなかったりである, さらに最近は読み込めるものが減少してきたのでついに修理を考えた. net ではいろいろな記事が出ていたがレーザー pick-up 部と回転系含めた部品を交換するのが最も簡単だ. KHM-230AAAレーザーヘッドオーディオシステム部品というもので, 私が Amazon で購入したメーカは FOTABPYTI と書いてあり, 送料込みで 6127円であった. 直ち送られてきたのは以下の部品である.

これは絞りを開いた写真で失敗.

次は上蓋を開けたところ, 直ちに CD を出し入れとレーザーピックアップユニットなどが一体となった黒いプラスチックに囲まれたユニットが分かる.

このユニットは4つのねじで固定されていて簡単に外せる. 観察すると左の後ろに薄い帯状のフレキシブルコードが, 上からも同様だがより細いもの1本そして普通のソケットがひとつ裏面に付いており, 合計 3 つの端子を外す事で裏面にアプローチできる.

ユニットを裏返すとこうなっている. 交換する部品はゴムブッシュのようなものを介して本体ユニットからは浮遊する構造になっている. ここに見える 4 つのねじを外して部品を交換する. これは極めて容易.

中央左上の基盤上に見える黒い十字.  ここには購入時半田が盛られてあった. これを取り去ると動作すると net 情報であって, そのとうりにした. その情報が無ければ直す事はできない. 説明書はまったく入っていないのだ. またこの半田盛りはピックアップの回路を保護するためにショートさせているとのこと.  さてこれら一連の修理は実に簡単であり, 部品さえ手に入いれば いとも簡単に CD プレイヤーを直すことができる. 修理に出すのも面倒であるし新品が買えてしまうほどの高い修理代かも知れない. 場合によっては廃棄しなくてすむのだ. どこも調整する必要が無いのはありがたいこと. 読み込めずに聞けなかった CD を久しぶりに聞くのも楽しみである. その後こんなすごいサイトも見つけました.