300B ロフティンホワイト

300B Loftin-White Single main amp

2A3 ロフティンの次にISO のトランスを使って2A3をもう一台作製したのですが面白くないので300Bに作り替えになりました.  規定の配線図は良いものが無く 2A3 の回路を改変し部品の定格は名古屋大須の小坂井電子の小坂井(J)さんに相談し決めて頂きました. 私は理論は十分理解できておらず計算もできません. ヒーター点火は交流ではなく直流にしたのも氏の意見を聴いてです. 結果ハム雑音は全くなし. ご存知のような交流点火のほうが音が良いという都市伝説をなんとか乗り越えたいところです.

2A3 ロフティンホワイトamp の回路を書き換えたものです. この回路図が本当に正しいかは現在は全く保証しかねます. 何しろ昔のデータを整理しているので,現物との照合ができていません. ひっくり返して裏蓋を開けるだけの腰の健康が保たれていません.

 

元々直流点火の設計ではなかったのですが300Bに作り替えたために予定外の整流回路が必要ですが空間が不足し収まりがよくないわけです.

音は, なんだか少し固めです. 真空管が安いからかも知れません. 結局, マランツ製 SACD の後スピーカー用の amp になりました. SACD は滅多に聴かないのであまりスイッチが入りません.

45 push-pull ampへ

戻る