2A3 ロフティンホワイト single amp

2A3 Loftin-White Single main amp

古典的な3極管である2A3 を使ったアンプを製作することが真空管アンプの自作が趣味だと人に言える最低限度の資格ではないかと常々考えていた. ある日見つけたこのアンプの製作記事によって20年ぶりに自作熱が再発火. これは2007年の発刊です. この記事の中で名古屋の中川区でシャーシ加工して頂ける鉄工所 (名電機工さん: 実は当HPの名前は名電機工さんに触発されています) が紹介されていてびっくり. もう作るしかありません. トランスは秋葉原のノグチトランスまで買いに行ったのですが相当な重量で, それを全て両手に提げて帰宅した時の疲労はものすごいものでした. いま思えばnet 販売や宅急便はいまほど普及していませんでしたので足で買い求めに出かけたわけです.

 

特注シャーシが完成したときの喜びは一口では言い表せません. レザーグレイによる焼き付け塗装の仕上げです. 確認を重ねていましたので寸法に狂いはありませんでした.

記事とは異なり普通の電源ソケットを採用

買い集めてあった部品を一点一点取り付けるのは非常な幸せ

トランス類を取り付けたところです. これらの部品のうちおそらくT-cap series 電源平滑用フィルムコンデンサーの色がアイボリーでしたが, 名電機工の伊藤さんにシャーシと同色に塗って頂きました.

配線の取り回しはプロには一歩も二歩も譲ります. 美しく見せる秘訣を知らないのですね. アース線はスズメッキ線であり, 耐熱グラスファイバースリーブを被せて絶縁です.

出力管まわり

カップリングキャパシター周辺. 抵抗器はメタルクラッドがほしかったのですが手に入らず (後の300Bでは使用しましたが), 代わりのこれは琺瑯抵抗を使用.

スピーカーターミナルはシャーシ側面ではなく後方の上面に立った状態で取り付けられています.

LED点灯のための基盤を取り付けますがこの部分は solid state であり, 管球アンプ回路とのハイブリッドです. 青い LED の怪しい光がほしかった. LEDを適切な場所に付けるのは工夫がいりますが, 結局手抜きで接着剤で付けたと記憶.

シャ-シの丈が低い割りにトランスの丈が高く, 素晴らしいスタイルです. グレイの塗装が玄人っぽい雰囲気を醸し出しています. メーターはプレート電流計で, フロントのレバースイッチで左右チャンネルを切り替えられ, ギミックを楽しめます. 右の二つ並んだスイッチは右がヒーター on 左がプレート on のスイッチで, ヒーターが温まる前にプレート電圧がかかることを防止する目的のため, 一定時間を置いてプレートスイッチを on にするのがこつです. 整流管は有名な水銀の83であり妖しく光ります.

クラシックな外観の電流計は東京で入手したと記憶 整流管は83.

音ですか? 音はまあまあです. 外観程ではないです. 間空いて2017年12月実に久しぶりにCDからの直接入力で音楽を聴きましたがすばらしい音でした. ダイレクト感は重要です.

再度2A3 ロフチンホワイト→300Bへ

戻る