Maranz#7 control amp (copy)

Maranz#7 control amp (copy)

昭和 54 年 (1979年) 頃?の作品です. KT88 single の次の製作です. 人にはとても見せられない下手な工作箇所が随所にみられる代物ですが, 当時総額 4 万円台の部品代で製作し, 現在でも非常に魅力的な音を聞かせてくれる私の常用機であることは, 元となっているアンプの人気が現在においても非常に高いことと相まってその回路設計が非常に優れたものであることを示しています. シャーシはアルミの板とアングル板を使った自作で, 一部に接着剤も使用. 上蓋もただのアルミの1枚板で, なんとビニールテープ止めでした. レストアした際にタップを立ててようやくネジ止めにしました. 製作後 40 年余になるのにもかかわらず前面が光っているのはクリアが吹いてあるからです. 現在はここにみられるようなアルミ無垢のボリュームつまみはなかなかお目にかかれません.

この製作記事も KT88 シングルアンプと同じムックにあったものです. このような複雑な工作に良くも挑んだものです.

これも実体配線図があるから製作できました. しかし実際には実体配線図で線を追ってもどこに付いているのかさっぱりわかりませんからすべて配線図で確認できなければ仕上げることは不可能です.

後部面板は究極の手抜き工作で, 真空管部分の四角い穴は放熱口を兼ねており, 真空管を触ることができますから適当にぐりぐりと動かす事で足の接触不良を簡単に修復できます. (これは知る人が読むと馬鹿なことです. 実はこの真空管のソケットはシールドケース付きのものにしてしっかりと固定しなければいけなかったのです. 今記事を読むとそのようになっているので, おそらく当時は知識がなかったか現物が手に入らなかったと推察, そしてその分雑音を拾っている可能性はあります)

電源部分には手を入れることができずにレストア時に電源用キャパシターの交換はあきらめました. 縦のアルミの仕切りはシールドです.

真空管はテレフンケン ECC83

coupling キャパシターの交換もしてみました.

ロータリースイッチまわりはごちゃごちゃで, よくもこのような複雑な配線ができたものだと今更感心. このロータリースイッチは大須のボントンさんで購入した中古品と記憶している.

他のプリアンプも試しましたが自作品には特別な愛着があり, 他のアンプを試してもこのアンプに戻ってしまいます.

PC オーディオもやりますがアナログ信号はこの機器に tuner 入力し, このアンプの色を付けて聴く事にしています.

こうした趣味の領域では, 「良い音」に関する測定値などの客観的なエビデンスは乏しく, 「良く聞こえる」という主観が先行しているに違いありません.  CD はこのアンプを介さずに直接 メインアンプに入力して聞きます. CD は出力電圧が非常に高いので直接メインアンプをドライブできます.

夜景を撮影してみましたが, サビで古びてしまいました.

UV211 single Ampへ

戻る