EF級 輸入電気機関車

EF級 輸入電気機関車

EF50,    EF51

EF50

この逸品は名古屋栄のハンズ近くにある, カラマツトレインで見つけました. ピノチオのキットをどなたかが組んだ物で未塗装です. 長大であり,このままでは私のレイアウトは走りません. 小半径レールを走るようにするための加工は結構努力が必要です. 主台車枠を切断して, 従台車とデッキを適切に固定する. 適切な長さの向心棒を自作する. 踏み台を削る. 台車の車軸にあったワッシャーを薄いものに変更する (こうして車輪の左右への遊びを多くする). 向心棒を伸縮可能にするともっと良いかもしれません. Display 時には短縮できると良いです. 集電シューも新たに加えました. これだけでも大変な時間と労力をを消費. したがってこのキットを最初から自分で組み立てるにはどんなに時間と努力がかかることか想像もつきません. これを作製した方に深く敬意を表します. この真鍮の地金に錆がかった渋い色調がなかなか良いのでまだ塗装をする気がしません. さて実物のこの機関車の説明も本当はしたいのですが, なかなか恐れ多くてできません. 実物の電気的性能はいろいろ問題があったようですが, この機関車は本当に輸入EF電気機関車の王様? と言えます. 実はヨーロッパはスイスにはクロコダイルというお化けがいて, 海外の電気機関車は知らないことがたくさんあります. さて一応実物の解説ですが,1925年(大正14年)12月の東海道本線東京 – 国府津間電化開業用にイギリスのイングリッシュ・エレクトリック社(English Electric & Co., Ltd./英国電気. 電気部分)とノース・ブリティッシュ・ロコモティブ社(North British Locomotive Co. 機械部分)の合作により1924年(大正13年)に8両が製造された, ということで, ED50形, ED51形等 (ED17)と同じ「デッカー」の仲間である.

EF51

中村精密製 EF51 クラフト キットはヤフオクで手に入れた, 未組み立てで, 金額は41,740円でした. 中古品の展示会で同社製自由形のCタンクを買ったことがあり, 中村精密の名は知っていました. このキットは非常に歯ごたえがあり, そもそも部品の点数が非常に多いです. ソフトメタルの多用のため接着の仕方を良く考えないと軟弱な仕上がりになります. 壊れやすいということです. インサイドギヤも自分で組みますがポンチでギヤ軸をかしめ止めするなど, それなりにこつのいる工作部分があります.

上のギヤボックスはバラバラの状態から組んだのですが, ポンチと金床が必要でした. ブラスブラックを使った黒染めはいつも難しいです. これはうまくいった方ですが残念ながら車軸はブラスの地色が見えてしまっています.

絶縁側の車輪踏面に集電シューを装着,シャーシも黒染めをしましたがあまり黒くなりませんでした.

黒染めした台車にホワイトメタル部品を接着. このあとトビカトップガードで黒塗装. このホワイトメタルは黒染めしやすいものでした.全て黒染め後に接着した方が正解か.

これはブレーキ装置です.

まずは素組みで先従輪は付けていません. この状態では非常によく走ります. 以下は地金完成ではなく塗装済みで, 迷ったあげくメタリックゴールド.さらにクリヤを吹いています.

エアタンクの位置を間違えました. きっとED19 と同じだろうと勝手に決めて中央に寄せ過ぎてしかも接着剤で付けてしまい, 残念なことに曲がってもいます. 小半径レール走行が目標ですからエアタンクはボディーではなく台車に付いています.

実は先従輪を装着した状態では小半径レールは走りません. 先従輪は持ち上げたままで固定してしまうのが良さそうです. 前照灯と標識灯の点灯はモデルシダーのキットを使用. 配線は黒で塗装するべきですが未. 全体に水平垂直や直角が十分出ていない, 処理の手抜きとかあって, どうも完全にはほど遠いです. 実物は東海道本線東京 – 国府津間用にアメリカのウェスティングハウス・エレクトリック社(Westinghouse Electric/電気部分)とボールドウィン社(Baldwin/機械部分)の合作により1926年(大正15年)に2両が製造されたものです.

ED級 輸入電気機関車へ

国産EF級電気機関車へ

一番上に